プロ2クラブからオファーをもらいながら進学を選んだ選手も…J注目の素材が居並ぶ帝京長岡は日本一に辿り着けるか?

カテゴリ:Jリーグ

安藤隆人

2019年08月27日

京都内定の谷内田、U-18日本代表の晴山をはじめ、全国上位の戦力を誇る

現在プリンス北信越で3位につける帝京長岡。写真:安藤隆人

画像を見る

 プリンスリーグ北信越の12節。3位につける帝京長岡はホームで6位・アルビレックス新潟U-18との一戦で、シュート数20本と相手の2倍以上を放つなど、猛攻を仕掛けたが1-1のドロー決着に終わった。
 
「勝ちきれなかった。もっと落ち着いてつないだり、やれることはあった」
 
 こう語ったのは京都サンガ内定のMF谷内田哲平。今年の帝京長岡は彼を筆頭にU-18日本代表のFW晴山岬、MF田中克幸、DF吉田晴稀といったプロ注目の選手がずらりと並び、『最強世代』とも呼ばれているチームだ。他にもGK猪越優惟、DF丸山喬大、FW矢尾板岳斗など好素材が揃い、全国的に見ても十分に上位を狙える戦力を誇っている。
 
 しかし、インターハイ予選では準決勝で日本文理に敗れ、プリンスリーグ北信越でも丸岡に首位独走を許し、2位の富山一とも勝点差3をつけられているなど、思うように結果が出ていない。
 
「注目の世代と言われて正直プレッシャーはあります。でも、その中でしっかりと結果を出さないといけない。インターハイ予選では自分たちの甘さが出て負けて、インターハイに出場をした北越がベスト8まで行って、正直『自分たちのはずだったのに』と悔しさが大きかった。もうああいう思いはしたくないので、まずは守備からしっかりと取り組んで、その上で攻撃力を生かしたい」
 
 守備の要である吉田晴は、新潟U-18戦後にこう語ったように、この試合も守備を連動させながら、谷内田、矢尾板、晴山のラインを軸にテンポの良い攻撃を仕掛け、決定機を何度も作った。しかし、前述した通りフィニッシュのところで新潟U-18のGK土山龍都のファインセーブや相手の身体を張った守備に阻まれ、ゴールを割ったのは44分に谷内田の左CKから晴山がヘッドで合わせた1本だけだった。
 
 チームにとっては痛恨とも言えるドロー。吉田晴はその後、松本山雅FCへの練習参加が決まっており、「しっかりとプロの練習でいろんなものを吸収して、個人のためだけではなく、チームに還元できるようにしたい」と意気込んだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ