「フットボールの完全なる伝説だ」現役引退のF・トーレスに“兄貴分”のシメオネが熱きメッセージ!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月26日

アトレティコで結ばれた強い絆

アトレティコでともに戦ったF・トーレス(右)へシメオネ(左)がコメントを寄せた。 (C) Getty Images

画像を見る

 8月23日に行なわれたJリーグ第24節のヴィッセル神戸戦で、サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが18年に及んだ現役キャリアに終止符を打った。

 1-6という敗戦も、万雷の拍手を浴びてスパイクを脱いだスペインの生ける伝説には、試合直後から世界中のメディアやかつての僚友、古巣クラブなどがこぞってその功績を称えた。そのなかで、熱きメッセージを寄せたのが、サッカー界屈指の闘将にして、F・トーレスの“兄貴分”的な存在でもあるディエゴ・シメオネだ。

 両者にはアトレティコ・マドリーで結ばれた強い絆がある。

 2003年から約2年間ともにビセンテ・カルデロン(前スタジアム)でプレーしたシメオネは、プロデビューまもないF・トーレスにとって、プロが何たるかを教えてくれる良きお手本だった。

 また、指導者となったシメオネは、2015年1月にF・トーレスのアトレティコ帰還を実現。しかし、加齢から、かつてのような働きができなくなっていたストライカーに対し、ドラスティックな判断を下し、二度目のアトレティコ退団を決断させたのもまた、このアルゼンチン人監督であった。

 F・トーレスとともに酸いも甘いも経験したシメオネは、現地時間8月25日に行なわれたラ・リーガ第2節のレガネス戦を前にした会見で、可愛がっていた“後輩”の引退にコメントした。

「フェルナンドはとても聡明な人間であり、私は彼がフットボールの完全なる伝説だと思っている。それを気概と、努力と、他者への敬意でもって勝ち取ったんだ。人間としても選手としても、いつだって素晴らしいカテゴリーにいたのが彼だ」

 そして、シメオネはF・トーレスのセカンドキャリアに向けてもエールを送った。

「これから彼は、これまでとは違い、なおかつ自分が望む形で、その責任に応えるための準備をしていくのだろう。それが長い年月にならないことを願うよ。そうすれば、私たちは再び巡り会うことができるからね」

 ふたりがともに仕事をする日は、いつ訪れるだろうか――。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ