川崎、またも勝てず5戦勝利なし… 清水との熾烈なシーソーゲームは2-2ドロー決着

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月24日

熾烈なシーソーゲームを展開

15分にレアンドロ・ダミアンが先制ゴール。今季7点目を奪った。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグは8月24日、各地で24節の6試合を開催。等々力陸上競技場では、川崎フロンターレ対清水エスパルスの一戦が行なわれ、2対2の引き分けに終わった。

 試合はキープ力に長けた川崎がボールを支配。多彩なパスワークから清水ゴールに迫っていく。そして15分、川崎は齋藤学からのクロスに飛び込んだレアンドロ・ダミアンがニアサイドで合わせ、ゴールネットを揺らす。ホームの川崎が先制する。

 その後も川崎が主導権を握り、試合を進めるが、清水は30分にワンチャンスを活かす。前線でドウグラスが倒されFKを得ると、キッカーを務めるのは倒されたドウグラス。左足を鋭く振り抜くと、シュートはGKチョン・ソンリョンに弾かれるものの、右ポストの内側にあたってゴールに吸い込まれた。清水が同点に追いつく。

 前半を1-1で折り返した試合は後半、やはり川崎がボールを保持するものの、やはり清水がカウンターからの数少ない好機を活かす。65分、ヘナト・アウグストがインタセプトから素早く攻守を切り替え、ドウグラスとのパス交換から川崎の最終ラインの背後へ抜け出す。GKとの1対1を迎えたヘナト・アウグストは浮き球のシュートを放ち、右ポストに当たるものの、戻ってきたDFに当たる幸運も手伝いゴールに吸い込まれた。清水が勝ち越しに成功する。

 しかし川崎はここから猛反撃を開始。馬渡和彰、小林悠と投入すると、攻勢を強める。そして79分、中村憲剛の縦パスに反応した馬渡和彰が小林へラストパス。これを小林が右足ダイレクトで流し込み、再び試合を振り出しに戻した。

 その後も川崎が圧倒的に清水を押し込んだが、勝ち越しゴールは生まれず。試合は2対2のドロー決着。川崎は5試合白星なしとなってしまった。今節は、FC東京が引き分けに終わり、首位との勝点差を詰める絶好の機会でもあったが、それを逃してしまった。川崎は勝点41としている。FC東京は同49。一方の清水は同29とした。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ