「チームが不要としている戦術批判だ!」ニューカッスル武藤嘉紀の“率直コメント”に英メディアが苦言

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月21日

今シーズン初出場を飾った試合後に…

ノーリッジ戦でインパクトを残せなかった武藤。試合後のコメントが物議を醸している。 (C) Getty Images

画像を見る

 日本代表FWが試合後に放ったコメントが議論を呼んでいる。

 現地時間8月17日に行なわれたプレミアリーグ第2節で、昇格組のノーリッジ・シティと対戦したニューカッスル・ユナイテッドは1-3の完敗を喫した。

 この試合で今シーズンの“開幕”を迎えたのが、ニューカッスルに所属する武藤嘉紀だった。67分にジョエリントンに代わってピッチに立った日本代表FWは、チームが劣勢に立たされるなかで、出場27分間でわずかに5度しかボールに触れずに見せ場を作れなかった。

 ゲーム後、武藤は、「孤立していると感じました」と率直に試合の感想を語った。その内容を地元紙『The Chronicle』が伝えた。

「本当に難しい試合になりました。孤立していたと感じましたし、常に3人か4人の相手に囲まれていました。FWとしてとてもタフで、チームも試合を通して苦戦しました。前半の様子をベンチから見ていて、ジョエリントンも苦戦していたから、僕がピッチに立ったとしても難しいものになると予想していました。ハットトリックをしたノーリッジのテーム・プッキはカウンターを上手く利用していましたし、それは僕がチームのためにやりたいイメージでした」

 ただ、この武藤のコメントがスティーブ・ブルース監督に対する批判だとして、あらぬ方向へ飛び火した。

 日夜、ニューカッスルの情報を発信している英国のサッカー専門メディア『HITC』は、武藤のコメントについて、「このチーム状況で、あの意見はボスの助けにはならない」とし、発言をするタイミングについて次のように苦言を呈した。

「ムトウのコメントはニューカッスルの戦術批判と取ることができ、それはいまブルースが最も不要としているものだ。自身がポジション争いを強いられているなかで、公の場に出て、苦労を強いられたと率直に意見をすることは、あまりお勧めできる行為ではない。チームに少なくない害を及ぼす危険性があるからだ。

 ブルースはプレシーズンでのムトウのパフォーマンスについて『非常に印象的だった』と口にしていたが、そうしたなかでの日本人のノーリッジ戦後のコメントはチームが一体感を見せなければならない現時点では見当違いだった」

 低調なスタートをきったチームにあって、出場時間が限られている武藤。このコメントが、起用法に影響を及ぼすことになるのか。ブルース監督の反応を含め、今後のパフォーマンスを見守りたい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ