「その仕事が自分にはできないと認めるべき」補強失敗で批判を浴びるマンUのCEO、クラブOBをディレクターに招聘か

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月10日

退任を求めるツイートが…

TD候補に挙がっているファーディナンド氏。レジェンドの招聘でチームは変わるのか?(C)Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグの移籍期限最終日、ロメル・ルカクをインテルに売却したマンチェスター・ユナイテッドは、代役と噂されたユベントスのマリオ・マンジュキッチを獲得することなく、マーケットの終了を迎えた。

 夏の補強が終わったことで、ユナイテッドは以前からの懸案事項であるテクニカルディレクターの選定を進めるようだ。英公共放送『BBC』が報じている。

 記事によると、3月28日にオレ・グンナー・スールシャール監督が正式な指揮官に任命された時に、クラブ関係者は新シーズン開幕前にテクニカルディレクターを決めると話していたという。
 
 以前、エド・ウッドワードCEOはOBのダレン・フレッチャーやリオ・ファーディナンドと面談している。BBCは、以降のコンタクトはなかったとしたうえで、ウッドワードCEOが両名をディレクター候補にとどめていると伝えた。ただし、まだオファーは出していないようだ。

 今夏のユナイテッドの補強に満足していないサポーターは少なくない。例えば、ブルーノ・フェルナンデスの獲得を望むファンは多かった。BBCによれば、8月8日のある時間帯では、ウッドワードCEOの退任を求めるハッシュタグのツイートが5万を上回り、英国のトレンド2位につけたという。

 あるファンは「世界最大のクラブを率いながら、6年仕事してタイトルに近づけなかったのなら、自分を見つめ、その仕事が自分にはできないと認めなければいけない」とツイート。フォロワー数がわずか150名強にもかかわらず、「いいね」は1800を上回っている。

 サポーターから批判を浴びているウッドワードCEOは、テクニカルディレクターを招聘することで、ファンが望む「強いユナイテッド」の復活を実現させられるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ