久保建英の人気は絶大!? カスティージャ・デビュー戦のTV視聴数が驚きの350%アップ!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月09日

トップチームのザルツブルク戦は76万ビュアーで…

カスティージャでも実戦デビューを飾った久保。はたしてバジャドリーへのレンタル移籍は決まるのか。(C)Getty Images

画像を見る

 レアル・マドリーの公式プログラム『REAL MADRID TV』が感嘆の声を上げている。
 
 現地8月7日、マドリー・カスティージャ(Bチーム)は地元のアルフレッド・ディ・ステファノスタジアムで2部アルコルコンとのプレシーズンマッチに臨んだ。この一戦で、カスティージャにおける先発デビューを飾ったのが、日本代表FW久保建英である。
 
 日本のワンダーキッドは、マドリー入団後で最長となる70分間プレー。カスティージャのメンバーとの練習をいっさいせず、ぶっつけ本番で実戦に臨んだだけに、連携を欠いて孤立してしまう場面がしばしば。それでもラウール・ゴンサレス監督ほかスタッフ陣の評価はまずまずのようで、同じく先発出場した新加入ロドリゴ・ゴエスとともに新たな一歩を踏み出した。
 
 スペイン全国紙『MARCA』が伝えているのは、そのゲームを放送した『REAL MADRID TV』での視聴数だ。これまでカスティージャはプレシーズンマッチ5試合を戦い、同メディアはすべて無料でライブ中継してきた。4試合目までは平均4万5000前後の視聴数で、先週末のルーゴ戦でようやく10万8000ビュアーと大台を突破。ところが今回のアルコルコン戦は、35万2000ビュアーを叩き出したというのだ。
 
 同紙は「クボとロドリゴの注目度が大いに反映された格好だ」と評し、「同じ日に行なわれたトップチームのレッドブル・ザルツブルク戦は76万ビュアーだった。カスティージャの練習試合がその半分近くを稼ぐのだから驚きだろう」と報じている。

 
 ただ、ザルツブルク戦は放映権の問題のためか、日本国内では視聴できなかったのに対して、久保が出場したカスティージャのゲームは無料ライブ中継で楽しめた。日本のファンが相当数視聴していたのは間違いないだろう。
 
 声価も注目度もうなぎ上りの久保。現地報道では同じスペイン1部のバジャドリーへのレンタル移籍も取り沙汰されているが、近日中に結論が出るのか否か──。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ