移籍期限最終日に最大のサプライズ!? ダビド・ルイスがアーセナルへの移籍を希望か?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月08日

英メディアが続々と報道

チェルシーの主力DFとして活躍しているダビド・ルイス。”盟友”フランク・ランパードの下でプレーするかと思われたが…。 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 プレミアリーグの移籍市場は、現地時間8月8日17時にクローズする。その前夜に衝撃の一報が流れた。

「チェルシーの守備の要である32歳のDFダビド・ルイスが、アーセナルへの移籍を希望して、水曜日の練習参加を拒否」といち早く報じたのは英公共放送『BBC』だ。その後、欧州スポーツ専門チャンネル『Sky Sports』や英紙の『Telegraph』や『Metro』などが相次いで報じた。

 英紙『The Guardian』は、「2021年までチェルシーとの契約を残しているD・ルイスだが、どうやら新指揮官フランク・ランパードの下では“定位置”は保証されていないようだ。そこでアーセナルからの興味を知った彼が、スタンフォード・ブリッジを去ることを認めるようフロントに要求した」と伝えている。

 この一報が驚きをもって伝えられている理由のひとつは、チェルシーが今夏の補強禁止処分を受けていることがある。

 後釜を確保できない状況で、ましてや同じロンドンのライバルであるアーセナルへの移籍すれば、クラブやファンへの裏切り行為と取られても仕方ないだろう。もちろん戦力的に見ても、不動のエースだったエデン・アザール(→レアル・マドリー)に続いて最終ラインの要を失えば、大打撃だ。

 アーセナルは、元フランス代表DFローラン・コシエルニーが反旗を翻してボルドーに移籍。その穴埋めとして、2018年1月にも接触していたとも言われるD・ルイスに白羽の矢を立てたようだ。

 さらに、アーセナルはバルセロナのフィリッペ・コウチーニョのレンタルも目論んでいるようだ。D・ルイスとコウチーニョの代理人は同じで、セットで移籍が可能性があるとも報じられている。

 D・ルイスが今シーズンに身に纏うのはブルーか、それともレッド&ホワイトか。その動向に熱い注目が注がれている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ