「実力、クオリティーの差が…」シュミット・ダニエルがベルギー公式戦で大量6失点のほろ苦デビュー!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月03日

「何本かは止めたかった」

ベルギーでの公式戦デビューを飾ったシュミット。次々にゴールを決められ、悔しい結果となった。 (C) STVV

画像を見る

 現地時間8月2日、ベルギーリーグの第2節が行なわれ、シント=トロイデン(STVV)はアウェーで強豪クラブ・ブルージュと対戦。0-6で敗れている。

 この試合では、今夏にベガルタ仙台からSTVVに新加入した日本代表GKシュミット・ダニエルが初出場。そのデビュー戦は、ほろ苦いものになってしまった。

 試合は、16分にゴール前のこぼれ球をデビッド・オケレケに押し込まれて失点。20分にもオケレケに守備陣が振り切られて難なくゴールを決められてしまう。

 その後もSTVVは最終ラインを立て直すことができず、30分にファンス・ファナケン、44分にパーシィ・タウにゴールを奪われ前半だけで4失点。後半も72分にエマヌエル・デニス、83分にはシエべ・スフライファ―スにまさかの6点目を決められ、大量6失点でなす術なく敗れ去った。

 ちなみにベンチスタートだったSTVVのMF遠藤航は56分に投入されたものの、流れを変えることができず。加入間もないFW鈴木優磨はベンチ外だった。

 試合後、STVVのマルク・ブライス監督は「最初の15分はいい試合展開をしていたが、その後が良くなかった。6失点で敗れるというのは非常にクラブにとってもつらい、痛みのあることだ。これからいいシーズンを過ごすためには、クラブとして強化に力を入れていかなければならないと思う」とコメントしている。
 

 試合後、シュミットはクラブを通じて次のようなコメントを発表した。

「ケニー(・ステッペ選手/GK)は怪我で今週プレーしていなくて、準備はしていたので(今日の出場は)サプライズではありませんでした。(試合を振り返ってみて)前半の入りは良かったんですが、ただ1失点目に関してはアンラッキーな形だったし、そこがもったいなかったなと。あとは、GKと1対1の局面を作られているし、もちろん僕も何本かは止めたいところでした。(クラブ・ブルージュ)と実力、クオリティーの差はすごくあったと思います。

(次節に向けて)改めて守備の課題を見直してスタンダール・リエージュ戦に備えたいと思います。次はホームゲームで、サポーターのためにも勝利したいので、しっかり自分たちの課題を意識して取り組むだけだと思います」

 8月10日に行なわれるそのスタンダール戦で、リベンジを果たせるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ