バルサにニューヒーロー出現!神戸戦2ゴールのカルレス・ペレスが語った驚きの事実「いつもは左サイドではなく…」

カテゴリ:メガクラブ

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2019年07月28日

昨シーズンのリーガ最終節でトップデビュー

神戸から2ゴールを奪ったC・ペレス。この遠征ではコウチーニョの7番を背負った。写真:徳原隆元

画像を見る

[Rakuten CUP]神戸0-2バルセロナ/7月27日/ノエビアスタジアム神戸

 バルセロナは序盤から圧倒的にボールを支配して押し込みながらも、なかなか決定機を創出することができなかった。

 前半は0-0で終了。その停滞ムードを打ち破ったのが、後半からピッチに立ったBチーム所属のアタッカー、カルレス・ペレスだ。

 59分に、左サイドでボールをキープし、マウコムとのワンツーで抜け出すと、GKの股を抜く冷静なフィニッシュで先制点をゲット。86分には強烈なシュートで、試合を決める2点目を奪い、一躍ヒーローとなった。

 先のチェルシー戦でも2人を一気にかわすにドリブルを披露するなど、この日本ツアーで瞬く間に名を揚げたレフティーは、試合後に多くの報道陣に囲まれ、誇らしげに試合をこう振り返った。

「僕たちはヴィッセルの戦術、攻撃の仕方を研究し、準備をしてきた。前からプレッシャーをかけ、ボールも保持できていた。前半はなかなかチャンスが作り出せなかったが、後半になってそれができるようになった」

 また、自身の特徴については、こう説明している。

「僕はBチームにいるんだけど、監督がこの日本行きのメンバーに入れてくれたんだ。感謝しているよ。いつもは右サイドでプレーしてるんだけど、この遠征では左サイドで起用された。どうなるかなと思ったけど、(左サイドでも機能するという)可能性を示せたと思う」
 
 現在21歳のC・ペレスは、同じ街のライバルであるエスパニョールの下部組織から2012年夏にバルサのカンテラに籍を移した。順調にステップアップし、17年夏にバルサBに昇格したものの、トップデビューの機会にはなかなか恵まれなかった。

 そのチャンス巡ってきたのが、昨シーズンのラ・リーガ最終節のエイバル戦。73分にマウコムに代わって起用され、17分間ながら1部でプレーした。

 Bチームの選手としては若くないだけに、いわば今シーズンは生き残りを懸けたラストチャンスといっても過言でない。この2発が、エルネスト・バルベルデ監督へのアピールとなったのは間違いだろう。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ