注目の首位決戦“多摩川クラシコ”が1、2位独占。先週末のJリーグトップ10ゴールは...

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月16日

中村憲剛、小林悠、斎藤学と役者が全員で奏でたゴールが1位

1位の斎藤学(19番)と2位の阿部浩之(8番)。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 Jリーグは7月16日、公式ホームページにて7月13日・14日に開催されたJリーグ各試合を対象に、今週の『週間トップ10ゴール』を発表した。
 
 1位、2位と選ばれたのは、首位決戦となった“多摩川クラシコ”を3-0と快勝した川崎の2点目と、3点目が揃って選出された。
 
 1位となったのは、斎藤学の54分のゴール。ペナルティエリア手前でパスを受けた中村憲剛がタメを作り、右サイドの小林悠に供給。小林が間髪入れずワンタッチで折り返すと、斎藤学がダイレクトで押し込んだ。川崎らしい素早いパス回しで、鮮やかに崩し切ったゴールだった。
 
 2位は、その“多摩川クラシコ”でトドメとなった3点目のゴールだ。69分にゴール前のパスワークから下田北斗が落としたボールを、久々の先発でこの日は攻守に貢献していた阿部浩之がペナルティエリア外からのコントロールショット。FC東京のGK林彰洋も届かない絶妙なコースを射抜いた。
 
 また、この他では、J3から7月14日のC大阪U-23対北九州戦の中島元彦(C大阪)のミドルシュートが10位にランク。中島は2試合連続ゴール中だ。9位には、J2の栃木対山口の一戦で生まれた84分のゴール。浜下瑛(栃木)の右サイドからのロングシュートで同点に追いついたシーンだ。その後、栃木はアディショナルタイムで逆転勝利を飾っている。
 
 J1では、8位の湘南・杉岡大暉の神戸戦、74分の逆転弾。ペナルティエリア左隅からの巻いたシュートが選ばれた。
 7位は鹿島・セルジーニョの仙台戦、16分の先制点。6位はC大阪・丸橋祐介の今季初ゴールとなる左足でのジャンピングボレー。5位は大分・オナイウ阿道の滞空時間の長いヘディング弾。オナイウはこの日、逆転のゴールとなったミドルシュートも決めている。4位はC大阪のブルーノ・メンデスが決めたGKの股を抜く技ありゴール。後半アディショナルタイムにカウンターから抜け出し、独走状態から落ち着いて1対1を制した。
 
 3位の神戸・古橋享梧はアンドレス・イニエスタからの絶妙なロングフィードをナイストラップで収めて右サイドから中に切り返し、左足を一閃。この対湘南戦の20分の先制点が選ばれた。
 
 1位、2位となった首位決戦でのゴール以外にも、先制点や同点弾、逆転ゴールなど、見た目だけでなく、試合展開の上でも重要な場面での得点が選出された。
 
 J1は後半戦に突入し、上位も下位も混戦状態。鮮やかさだけでなく、結果に結び付くまさに“ベスト”なゴールがどれだけ生まれるのか、次節以降も注目だ。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ