スペイン2部のデポルティボが柴崎岳の獲得を発表!「昇格の切り札」として4年契約を結ぶ

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月14日

今冬にも獲得に乗り出していた

ヘタフェでは出番に恵まれなかった柴崎。新天地で存在感を発揮できるか。(C)Getty Images

画像を見る

 7月14日、スペイン2部のデポルティボ・ラ・コルーニャがヘタフェの日本代表MF柴崎岳(27歳)を獲得したことを発表した。

 契約は2023年6月までの4年間で、2019-2000シーズンにデポルティボが1部に昇格した場合のみ、移籍金が支払われるという。

 現地時間7月10日にスペイン紙『Marca』などが報じていたところによると、今年1月の移籍市場でも、ヘタフェとデポルティボがほぼ合意に達していたが、最後の最後で折り合いがつかず、取引が実現しなかったという。

 その補強の失敗もあり、デポルティボは2部で6位に終わり、自動昇格(2位以内)を逃した。昇格プレーオフでは決勝まで進んだものの、マジョルカに敗れて、降格から1年での1部復帰はならなかった。

 1999‐2000シーズンにはラ・リーガ制覇を飾った経験もあるガリシア地方の名門が、昇格の切り札として、再び柴崎の獲得に動いたようだ。
 
 17年夏に2部のテリフェからヘタフェに渡った柴崎は、ホセ・ボルダラス監督のソリッドなサッカーにフィットできず、2シーズンで公式戦31試合の出場に留まった。

 とりわけ昨シーズンは、チームが5位と大躍進を遂げるなかで、一時は4か月以上も出番から遠ざかるなど、ほぼ構想外という状態だった。

 それでも、先のコパ・アメリカではキャプテンとして攻守に日本代表を牽引。一時はメキシコのプーマスが獲得に乗り出すなど、関心を持つクラブは少なくなかったが、スペイン国内に新天地を求めた。

 柴崎がスペインの2部でプレーするのは、テネリフェ時代の16-17シーズン以来となる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「なんという美男美女!」柴崎岳が真野恵里菜との挙式を報告! 幸せいっぱいのツーショットを披露!!
柴崎岳と中島翔哉の「東京五輪行き」は鉄板。コパ・アメリカで浮かび上がったオーバーエイジの残り1枠は?
「クボは場違いなんかじゃない!」久保建英をマドリー選手たちも好評!スペイン紙は“ヴィニシウスの再来”とも
「若々しい!」「美脚だ」スイス合宿中の長谷部誠が公開した“湖の白鳥”との2ショットにファン反響!
「クボを取り逃がしたのは、ここ数十年で最悪のミス」久保建英を宿敵に奪われたバルサをスペイン紙がバッサリ!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ