判定が二転三転して会場騒然…2位・横浜が3-1で浦和を下すも後味の悪い試合に

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月13日

横浜指揮官は「自分たちのサッカーを貫いたことが結果につながった」

今季初ゴールを決めた遠藤(11番)は、果敢な仕掛けで2点目にも絡んだ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグ19節の横浜F・マリノス対浦和レッズが13日、日産スタジアムで行なわれ、ホームの横浜が3-1で勝利を収めた。
 
 試合は立ち上がりからホームチームが優位に進める。最前線ではエジガル・ジュニオが身体を張ってボールを呼び込み、中盤ではマルコス・ジュニオールが相手のマークを外してタメを作り、両サイドバックの攻撃参加を促す。ベルギーのロケレンへ移籍した天野の代役には、怪我明けの扇原貴宏を指名。喜田とともに試合展開をコントロールし、さらに仲川輝人の鋭いドリブル突破も交えてゴールに迫った。
 
 均衡が破れたのが38分、自陣右サイドでボールを受けた浦和の橋岡大樹が足を滑らせてボールコントロールを失うと、これを横浜のティーラトンが見逃さずにカット。そのまま前線に縦パスを付け、最後は遠藤渓太が豪快に右足を振り抜いて先制点を沈めた。

 後半も横浜は攻撃の手を緩めずに61分に追加点を奪う。遠藤がE・ジュニオとのワンツーでペナルティエリア内に侵入して右足を振り抜くと、ゴール前に走り込んだ仲川に当たってネットを揺らした。このプレーがオフサイドではないかと浦和の選手・監督は抗議し、これを受けて主審も一時はノーゴールと判定する。しかし、試合を中断して協議した結果、最終的に仲川のゴールが認められ、2-0で試合は再開した。
 
 その後、横浜は69分にオウンゴールで1点を返されたが、試合終了間際の86分に三好康児が相手のハンドを誘ってPKを獲得し、これをE・ジュニオが沈めて3-1。勝点3を手にしている。

 横浜のアンジェ・ポステコグルー監督は、試合後のフラッシュインタビューで「最初から最後まで自分たちが良いパフォーマンスができた。後半は少しオープンな展開になってしまったが、焦らずに自分たちのサッカーを貫いたことが結果につながった」と試合を振り返った。一方、浦和の大槻毅監督は、「サッカーの中身の話をすればいいのかどうかすら分からない。選手は素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました」と憤りを隠さなかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ