森保監督の前でオナイウ阿道が圧巻の2発!! 大分が逆転勝利で札幌との上位対決を制す

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月13日

滞空時間の長いヘディング弾に、狙い澄ましたミドル弾!

札幌戦で2ゴールを決めたオナイウ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは7月13日、各地で19節の7試合を開催。昭和電工ドーム大分では、大分トリニータ対北海道コンサドーレ札幌の一戦が行なわれた。

 試合は、GK高木駿も含めたポゼッションサッカーを展開する大分がボールを支配する一方、札幌は前線の多彩なタレントを軸に大分ゴールに迫る。

 先手を奪ったのはアウェーの札幌。20分、敵陣バイタルエリアで3試合ぶりに先発復帰したチャナティップが仕掛け、左サイドへ展開。パスを受けた白井康介がカットインから右足を振り抜くと、シュートは右ポストを直撃するが、跳ね返ったボールがGK高木に当たってゴールに吸い込まれる。札幌がオウンゴールで先制した。

 しかし、大分もすぐさま反撃に出る。23分、左サイドを駆け上がった三竿雄斗からのクロスをオナイウ阿道が滞空時間の長いヘディングシュート。これがゴール右に吸い込まれ、大分が同点とする。前半は1-1の同点で終了した。

 迎えた後半は、チャナティップを起点とした攻撃で札幌が再三大分ゴールに迫る。しかし、守備陣の身体を張った対応に勝ち越し点を挙げるには至らない。

 すると75分、大分は札幌の後方でのパス回しを激しいプレスで追い込み、ボールを奪い返すと、小塚和季からのパスを受けたオナイウが狙い澄ましたミドルシュートを叩き込み、逆転に成功する。オナイウの今季8得点目で、大分が2-1とリードした。

 その後も大分は集中力の高い守備で札幌の反撃を凌ぎ切り、2-1のままタイムアップ。大分が札幌との上位対決を制し、勝点を32に伸ばした。順位は5位と変わらず。一方の札幌は同28にとどまった。

 そして、圧巻の2発を叩き込んだオナイウにとっては、視察に来た日本代表の森保一監督の前で大きなアピールとなった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月8日号
    7月25日発売
    2019年シーズン
    J1全クラブ「新陣容査定」
    もっと充実しているのは?
    鹿島&山形ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ