「素晴らしい旅を続けている」岡崎慎司と本田圭佑もピックアップ! スペイン紙が注目の“ゼロ円戦士”30人を紹介

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月13日

D・アウベスやリベリが名を連ねるなかで…

ロシア・ワールドカップでは絶妙なコンビプレーも見せた本田(右)と岡崎(左)。ふたりの去就が注目を集めている。 (C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 チェルシーからレアル・マドリーへ移籍したエデン・アザールやアトレティコ・マドリーからバルセロナに渡ったアントワーヌ・グリエーズマンなど、今夏の移籍市場ではビッグディールが続々と決定している。

 そんななかで注目されているのが、フリートランスファーとなっている名手たちの行方だ。前所属クラブとの契約が満了となったいわゆる「ボスマン選手」は、移籍金なしの「ゼロ円」で獲得できる魅力的な存在である。

 スペイン紙『Marca』は、フリーで獲得可能な30人をピックアップして紹介している。

 記事では、マルセイユとの契約が満了となって無所属となったイタリア代表FWマリオ・バロテッリや、同じくバイエルンとの契約を更新せずにフリーの身となった元フランス代表MFフランク・リベリ、先のコパ・アメリカで健在ぶりを見せつけたブラジル代表DFダニエウ・アウベスなど世界的な名手とともに、ふたりのサムライ戦士も紹介されている。岡崎慎司と本田圭佑だ。

 まず、2018-19シーズン限りで15年8月からプレーしたレスターの退団が決定した岡崎については、「33歳の日本人FWだ。15-16シーズンにプレミアリーグを制したレスターで主力としてプレー。今夏は退団が早い段階から決まっていた」と綴り、続いて本田については、次のように記している。

「33歳となった日本人MFは今も素晴らしい冒険を続けている。彼はメルボルン・ヴィクトリーを去り、新天地は決まっていないが、カンボジア代表チームの監督を務めている。実にユニークなキャリアだ」

 同級生コンビの岡崎と本田の去就は、いまだ不透明だ。だが、前者はカタール・ワールドカップ、後者は東京五輪という大きな目標を掲げているだけに、慎重に新天地を見極めているところだろう。

 今回紹介されたゼロ円プレーヤーたちは、欧州トップリーグでの経験豊富な名手ばかり。Jリーグに挑戦する可能性も“ゼロ”ではないだけに、その動向から目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ