監督交代の磐田が鹿島に0-2の力負け…鈴木新監督の初陣を飾れず

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月06日

ロドリゲスやアダイウトンらが仕掛けるもゴールは奪えず

磐田の鈴木新監督は初陣を勝利で飾れなかった。写真:滝川敏之

画像を見る

 J1リーグ18節の鹿島アントラーズ対ジュビロ磐田が6日、県立カシマサッカースタジアムで行なわれ、鹿島が2-0で勝利した。磐田は前節終了後に名波浩監督が辞任。この試合から鈴木秀人新監督が指揮を執ったが、初陣を勝利で飾れなかった。
 
 監督交代というカンフル剤の効果もあり、試合の立ち上がりは磐田が攻勢に出た。しかし、チャンスをモノにできずにいると、鹿島が29分のセットプレーからオウンゴールで先制する。さらに、40分には小池裕太のゴラッソで鹿島がリードを2点に広げた。
 
 後半に入ると、磐田は中山仁斗に代えてアダイウトンを投入。そのアダイウトンやロドリゲス、山田大記らが仕掛けてチャンスメイクしたが、4-4-2の3ラインでバランスを保つ鹿島の守備を崩しきれない。磐田は終盤になるとCBの大井健太郎を前線に上げてパワープレーを仕掛けたが、結局2-0で試合は終了。前半の2点を守り切った鹿島が勝点3を手にした。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【鹿島 2-0磐田 PHOTO】鹿島が史上初のJ1通算500勝を達成!磐田は鈴木新監督の初陣を飾れず

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ