「ゴラッソ!」「ミラクルな日だ」イニエスタ、ビジャ、トーレスの2ゴール揃い踏みを母国スペイン紙も大絶賛!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月01日

元スペイン代表のレジェンドが同日に2ゴールずつ決める

ビジャ(左)は得点ランキングトップタイの9ゴール。イニエスタ、トーレスも2ゴールずつ決めた。 (C)SOCCER DIGEST 

画像を見る

 J1リーグ17節は、元スペイン代表のアンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャ(ともにヴィッセル神戸)、そして先日現役引退を発表したフェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)が2ゴールずつ決め、それぞれのチームを勝利に導いた。

 スペインのレジェンドたちが2ゴールずつ決めた「ミラクルな日」に、母国のスペイン紙も感嘆している。

 まず、スペイン紙『MARCA』は「ヴィッセル神戸とサガン鳥栖を勝利に導いた、イニエスタ、ビジャ、トーレスの2ゴール。トーレスは自チームを最下位から救った」と称え、『MUNDO DEPORTIVO』は「神戸で2ゴールを決めたグアヘ(ビジャの愛称)はJリーグで計9ゴールと、トップスコアラータイに並んだ。神戸はトルステン・フィンクが新たに監督に就任して以来、3戦負け無し。リーグ順位も11位に上がった」と好調ぶりを伝えている。

 また、『AS』は63分にイニエスタが決めたミドルシュートを動画付きで取り上げ、「とても美しく、素晴らしいゴール」と称賛。そして、ファンは「ネット上では彼の復帰を求める声が相次いだ…」と報じた。

 実際にネット上に挙がった動画には、「ゴラッソ!」「バルセロナにいたイニエスタであればこのゴールは何ら不思議はない」「スーパーなゴール」「私は長年のバルセロナファンです。彼は歴史上、間違いなく最高の選手なんだ…」と感嘆とともに、イニエスタを惜しむ、懐かしむコメントが寄せられた。

 レジェンドたちがチームにいい流れを引き寄せ、勝利へ導く姿は母国から見ても頼もしいようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ