「いつまでも16歳ではいられない」Jリーグ行きの噂もあったロッベン、現役引退を発表!! 盟友リベリが送った言葉は…

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月05日

「心が砕け散りそうな選択だった」

バイエルンのミュージアムで微笑む“ロベリー”。数々のタイトル獲得に貢献した。 (C) Getty Images

画像を見る

 18-19シーズン限りでバイエルン退団を発表していた元オランダ代表のアリエン・ロッベンが、19年間に及ぶ現役生活にピリオドを打つことを発表した。「今まで下した決断のうち、もっとも難しい決断だった」と心境を吐露している。オランダの全国紙『Algemeen Dagblad』などが報じている。

 ロッベンは2000年、現在、堂安律が所属しているフローニンヘンで、16歳にしてプロデビュー。以降、PSV、チェルシー、レアル・マドリーと着実にステップアップし、09年にバイエルンへ加入。ブンデスリーガ7連覇やチャンピオンズ・リーグ制覇に大きく貢献した。

 バイエルンを退団した後は、別のリーグでプレーするのではないかという予想がメディアを騒がせ、一時はJリーグ入りも取り沙汰された。

 しかし、ロッベンが選んだのは引退だった。本人はその理由を「心が砕け散りそうな選択だった。フットボールへの愛は潰えていないけれど、いつまでも16歳の頃と同じ、怪我のない万全な身体でいられるわけじゃない。辞めるという決断は苦しいけれど、現実を受け止めなければならない」と語った。

 また、今後については「長い間、トップアスリートでいるためのサポートをしてくれた人々すべて、そして家族に感謝したい。人生の次のステージに踏み出す時だ。妻や家族ともっと時間をともにし、人生の美しさ、楽しさを大切にしていきたい」とコメントしている。

 ロッベンとともにバイエルンで一時代を築き、時同じくして退団を選択したもうひとりのレジェンド、フランク・リベリは、この報を受けて自身のSNSを更新。盟友に次のようなメッセージを送った。

「サンキュー・ダンケ・メルシー・ダンケベル…アリエン・ロッベン! バイエルンにおいて、これ以上ない、最高の相棒で友人だった。“ロベリー(コンビの愛称)”は、忘れられることはない! 今まで素晴らしいキャリアを送ったのだから、これからはピッチ外の時間を楽しんで」

 リベリの投稿に、ファンからは「偉大なふたりのレジェンド」、「時代を共にできて幸せだった」といった称賛の声が寄せられている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ