インテルがセンシ獲得!ミランとの「マエストロ」争奪戦を制す!

カテゴリ:移籍情報

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年07月03日

最初に個人合意したのはミランだったが…。

インテル移籍が決まったセンシ。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間7月2日、インテルがサッスオーロからイタリア代表MFのステーファノ・センシを獲得したことを発表した。買い取りオプション付きのレンタルで、『スカイ・イタリア』によればレンタル料が500万ユーロ(約6億2500万円)、買い取り額が2200万ユーロ(約27億5000万円)だという。
 
 現在23歳のセンシは、リミニとチェゼーナの下部組織で育ち、2013年にレンタル先のサン・マリノ(セリエC)でプロデビュー。15-16シーズンに保有元のチェゼーナ(セリエB)で頭角を現わし、16年夏からセリエAのサッスオーロへ。3シーズンで公式戦68試合に出場して5得点の成績を残した。
 
 とくに18-19シーズンはサッスオーロの主力に伸し上がる飛躍の年となり、18年11月にはイタリア代表にもデビューした。
 
 今夏は国内外のビッグクラブが興味を示し、まずはミランがセンシと個人合意。しかしサッスオーロとのクラブ間交渉がまとまらず、その隙を突いたインテルが争奪戦を制する形となった。
 
 テクニックとインテリジェンスを兼備し、中盤ならインサイドハーフ、アンカー、2セントラルMFの一角のすべてで機能するセンシ。インテル公式サイトは「マエストロの愛称を持つ」と激賞している。
 
 アントニオ・コンテを新監督に迎えた今夏のインテルは、ウルグアイ代表DFのディエゴ・ゴディン(←アトレティコ・マドリー)、オーストリア代表MFのヴァレンティノ・ラザロ(←ヘルタ・ベルリン)、そしてセンシとこれまで3名の新戦力を獲得。さらにニコロ・バレッラ(カリアリ)やロメル・ルカク(マンチェスター・U)の引き抜きにも迫るなど、メルカートで意欲的な姿勢を見せている。
 
構成:ワールドサッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
トッテナムがフランス代表MFヌドンベレの獲得を発表!「ポグバ級の才能」にクラブ史上最高額の78億円を投下
ピルロ、ポグバ、D・アウベス、ラビオ…過去10年にユーベが“タダ”で引き抜いた名手たち! 特筆すべきポイントは?
「なんてキュートなんだ!」「ゴージャス過ぎる」ベッカムの愛娘と女子イングランド代表FWの2ショットが大反響!
セクハラ問題の同僚に「セカンドチャンスを…」と発言したサラーに非難殺到! 「彼は何をしても正しくなる…」
「カガワが要求を下げない限りベティスには来ない」香川真司の移籍動向を地元メディアが報じる

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ