セクハラ問題の同僚に「セカンドチャンスを…」と発言したサラーに非難殺到! 「彼は何をしても正しくなる…」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月01日

仲間を擁護したサラーにエジプト人モデルが怒り

エジプトの英雄として人気を集めるサラー。そんな“神様”と崇められる男の一言が物議を醸している。 (C) Getty Images

画像を見る

 アフリカ・ネーションズカップを戦っているエジプト代表は先日、SNSで多くの女性からセクハラ行為を批判されていたアムル・ワルダをメンバーから外した。だが、その問題は、同代表周辺で思わぬ波紋を広げているようだ。

 英紙『Telegraph』によれば、ワルダをかばったことで、リバプールに所属するエジプト代表FWのモハメド・サラーも批判を浴びているという。

 同紙によれば、サラーはツイッターで、「女性には最大の敬意を払って接しなければならない。『ノー』は『ノー』だ」と、女性へのリスペクトを強調。そのうえで、「過ちを犯した人の多くがより良く変わることができるはずであり、もっとも安易な道であるギロチンにすぐかけるべきではないと信じる」とし、以下のように続けた。

「セカンドチャンスを信じる必要がある。導いて、教育しなければ。遠ざけることが答えじゃない」

 サラーはセクハラ行為を容認していない。だが、国内で絶大な人気を誇る同選手が、再チャンスを与えるべきと主張したことで、ワルダを非難していた英国系エジプト人のモデルは、「周囲に影響した」と訴えている。

 同モデル女性は、英紙『Sunday Mirror』で、サラーがエジプトで「文字通りの神様だ」とコメントしたうえで、「彼は何をしても正しくなる。それが私を苦しめている。今は家族に会おうと国に帰ることもできない。道で攻撃されるでしょうからね。サッカー・ファンは知ってのとおり。エジプトのファンは100倍悪い」と嫌悪感を示した。

『Telegraph』によると、2013年の国連の調査では、エジプトの女性の99%が肉体的・精神的にセクハラ被害を受けたことがあると発表されている。

 なお、エジプト・サッカー協会は、SNSでの動画で家族やチームメートに謝罪したワルダについて、「連帯精神」から復帰を認めると発表。チームの団結力が深まった同代表は、ホスト国を務めているアフリカ・ネーションズカップ2019のグループステージで3連勝を飾り、ラウンド・オブ・16に駒を進めている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ