反骨心を隠そうとしなかったU-22日本代表。トゥーロン国際準優勝の原動力は“選ばれなかった”悔しさ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月17日

「コパ・アメリカに行けなかった悔しさはある」(岩崎悠人)

決勝のブラジル戦では小川(9番)が同点弾を決めた。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 準優勝は望外の結果と言ってもいいかもしれない。
 
 過去にはクリスティアーノ・ロナウドやデイビッド・ベッカムといった大物プレーヤーが通過点とし、若手の登竜門として国際的な知名度を誇るトゥーロン国際大会で、U-22日本代表が大きな足跡を残した。

 
 今回のチームは最初から大きな期待を掛けられていた訳ではない。三好康児や久保建英など、多くの主力選手たちがコパ・アメリカに招集。その影響で、いわば“2軍”と言えるメンバーでの戦いを余儀なくされていたからだ。初招集の選手が7名となり、森保一監督に代わってチームを預かる横内昭展監督代行も「初めての選手も多かったので、ちょっと静か。大丈夫かなと思っていた」と不安を口にしていた。
 
 だが、蓋を開けてみると、グループリーグを力強い戦いで首位通過。準決勝ではメキシコに2度リードされながらもPK戦で勝利を掴んだ。6月15日のファイナルでもブラジルに真っ向から勝負し、PK戦の末に惜敗したものの、先制されながら小川航基のゴールで同点に追い付くなどタフに戦い抜いた。
 
 一戦ごとに逞しさを見せたU-22日本代表。コパ・アメリカに参戦している主軸候補生たちの不在が彼らに反骨心を生み、その結果が今回の準優勝に結び付いたと言える。その想いは試合だけではなく、大会中のトレーニングからも垣間見え、選手たちは口々にそうした想いを隠そうとしなかった。
 
「選ばれたメンバーを見た時に、何か、言い方悪いですけど、サブメンバー感が出ていた。見返してやりたいじゃないけど、こっちで結果を残すしかない」(長沼洋一)
「コパに行けなかった悔しさはある。そこで今大会で結果を残してアピールしたい思いが強かった」(岩崎悠人)
 
 こうした彼らの気持ちがエネルギーとなり、日本チーム史上初の決勝進出という大きな成果を生んだ。では、具体的な収穫は何だったのか。それは決勝まで勝ち上がり、ブラジルとの対戦で良くも悪くも経験値を積んだ点だ。その代表格がFWの小川と旗手怜央である。
 
 所属クラブの磐田で出場機会を得られていなかった小川は、今大会4試合に出場。準決勝で値千金の同点弾を奪うと、1トップで先発出場を果たした決勝でも持ち前のゴールセンスを存分に発揮。39分にはワンチャンスを生かし、難易度の高いボレーシュートを左足でねじ込んだ。
 
 2017年5月のU−20ワールドカップで左膝の十字靭帯断裂および半月板損傷の重傷を負って以降、小川は決して周囲の期待に応えられてはいなかっただけに、ブラジルを向こうに回して目に見える結果を残せた意味は大きい。
 
 ゴール以外のプレーに関しても、「ブラジルに対して、自分がどういうプレーができるかというのはすごく楽しみにしていた。ポストプレーで収めることはできたと思います」と本人は手応え十分。完全復活を果たしたというには時期尚早だが、磐田に戻って多くの試合に絡めば、本来の姿を取り戻すまでに多くの時間は掛からないだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ