【女子W杯】なでしこ今大会初勝利の要因は?高倉監督が強調したのは…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2019年06月15日

「そこは狙いでした」と語ったのは

スコットランド戦で今大会初勝利。1戦目を苦しんだだけに、胸をなでおろす想いだったに違いない。写真:早草紀子

画像を見る

[女子ワールドカップ・フランス/グループステージ2節]日本2-1スコットランド/ロアゾン・パルク

 フランスで行なわれている女子ワールドカップ。なでしこジャパンこと日本女子代表は6月14日、グループステージ第2戦でスコットランドと対戦。2-1で今大会初勝利を収めた。
 
 初戦のアルゼンチン戦で白星を逃した日本は、立ち上がりから素早いプレッシングと小気味良いパスワークでリズムを握る。
 
 すると23分に、今大会初先発となった岩渕真奈のゴールで先制。さらに37分に菅澤優衣香のPK弾で加点し、リードを広げた。
 
 後半に1点を返されたものの、逃げ切りに成功。前半に流れを掴めたのが、なによりの勝因となった。試合後の高倉麻子監督のコメントからも、それは分かる。「初めから攻撃的に、自分たちの良さを出していこうと。積極的にプレーして前半に点が取れたので、そこは狙いでした」と言うのだ。
 
 ただし一方で、やはり押し込まれる時間が増えた後半の出来は不満だろう。「でも後半も、もちろんもう1点取ろうということで入りましたけど、相手がパワーをかけてきて、撥ね返せなかったところは課題かなと思います」と反省も語る。
 
「試合の中でこちら側に流れがある場合と、向こうに流れがいく場合がある。そのコントロールというところを、選手一人ひとりが、精神的にもプレーでもできてくると良いなと思っています。まあ簡単な試合ではないですし、また一つひとつ戦っていくだけです」
 
 ついにワールドカップの大舞台で自身の初勝利を収めた指揮官だが、すでにその視線は次の試合に向かっている。次はグループ最強のライバルであるイングランドとの一戦。果たして指揮官は、どんな策を講じるのか。
 
構成●サッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ