【J1展望】浦和×鳥栖|大槻体制で巻き返しなるか?橋岡、ナバウトが戦列復帰、代表離脱の槙野も問題なし

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月14日

浦和――大槻監督の采配は?ACLをにらんだ起用もあるか

故障者/浦和=柏木、ファブリシオ、阿部 鳥栖=石川、藤田
出場停止/浦和=なし 鳥栖=なし

画像を見る

J1リーグ15
浦和レッズ-サガン鳥栖
6月15日(土)/19:00/埼玉スタジアム2002
 
浦和レッズ
今季成績(14節終了時):10位 勝点18 5勝3分6敗 11得点・18失点
 
【最新チーム事情】
●準備期間を経て大槻監督の2試合目。
●槙野や橋岡、ナバウトは出場に問題なし。
●カギは攻守の連動性と「スイッチ」。
●ACLをにらんだ起用もあるか。
 
【担当記者の視点】
 前節の川崎戦から大槻監督にスイッチしての2試合目。代表活動期間にユースチームとのトレーニングマッチなど、戦術的な上積みを目指したトレーニングを積んだ。
 
 朗報は橋岡とナバウトがユースとのゲームでプレーし、日本代表を離脱した槙野も全体練習に通常通り合流していること。手術から復帰途上の柏木のほか、ファブリシオと阿部は別メニュー調整が続くが、陣容は整ってきた。
 
 大槻サッカーの特色を宇賀神は「攻守に連動すること。どちらの場面も、ひとつのスイッチに複数人が絡んでいく」と話す。前線のコンビネーションにはペトロヴィッチ監督時代の名残も見え、中央での工夫ある突破には期待がある。一方、守備面で長澤は「フィールドの10人が意図した形でプレッシャーを掛ける」と、コンセプトを話した。
 
 鳥栖戦を終えると中3日でACLラウンド16の蔚山現代戦が控える。最終ラインの鈴木や岩波、中盤から前線では柴戸、マルティノス、ナバウトといった面々も日程を加味すればスタメン起用の可能性がありそうだ。
 
【関連記事】
【浦和】大槻新監督がもたらした“最初の変化”。川崎戦は大きなターニングポイントになる
「鳥栖らしい」は退化。就任後3連勝に導いた金明輝監督の“こだわらない”サッカーの意図は?
【セルジオ越後】マスコミは久保建英を持ち上げ過ぎ。サッカー強豪国なら新聞の見出しは「永井2ゴール」だよ
「マドリーが“日本の真珠”久保建英をバルサから奪う」とスペイン紙が報道! 年俸1億3000万円で5年契約を結ぶと伝える
現地識者が語る“最古の世界大会”「コパ・アメリカ」の魅力。欧州にない泥臭さと究極のライバル意識、そして――

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ