「指揮官の理想とするSBだ」トッテナムが酒井宏樹を注視? 欧州メディアが報じる

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月10日

「クラブが気にしているのは彼の年齢だ」

マルセイユでは不動の右SBとして活躍する酒井。プレミアリーグ挑戦の可能性はあるのか。 (C) Getty Images

画像を見る

 欧州のスポーツチャンネル『Sky Sports』は、「プレミアリーグのトッテナムが酒井宏樹を注視している」と報じた。

「ポチェティーノは、来シーズンに向けてこの夏の移籍市場で、両SBを強化したいと考えているようだ。今季の躍進を支えたDF陣のうち、右SBのキーラン・トリッピアーとセルジュ・オーリエについては、適切なオファーがあれば受け入れる準備を整えている」

 その穴埋めとして候補に挙げられているのが、リーグ・アンのマルセイユでプレーする酒井宏樹だという。

 酒井はマルセイユで右SBのポジションを確保。2018-19シーズンは27試合に出場、1ゴール・4アシストという記録を残している。

 スピードと運動量があり、鋭いクロスで得点にも貢献もできる。攻守に渡って活躍できる酒井は、ポチェティーノ監督の求める理想のSB像にピッタリ当てはまるという。

 ただし、また正式にオファーには至っていない。というのも、トッテナム側にとってネックとなるのが29歳という酒井の年齢だという。

「クラブの方針として、指揮官とフロントは23歳以下の選手の獲得を望み、リストアップしている。だが、若手の補強が思い通りに進まなかった場合は、即戦力として、酒井に対して本腰を入れてアプローチをする可能性は高い」

 トッテナムは2018-19シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)でクラブ史上初の決勝進出を果たしたものの、ファイナルで敗れ、リーグ戦も4位で終わった。開幕から新スタジアムで戦えるため、来シーズンに懸ける意気込みは強い。

 はたして酒井がトッテナムの一員となる日は来るのだろうか。今後の動向が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ