久保建英の“凄み”とは?「ずっとあいつの練習を見ていて」DF昌子源が感じたこと

カテゴリ:日本代表

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年06月10日

昌子が言う“あんな持ち方”とは?

短い出場時間の中でも際立つプレーを見せた久保。その特別な才能をよく知る昌子は「おそらく満足はいっていないだろうし」と推察する。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[キリンチャレンジカップ]日本代表2―0エルサルバドル代表/2019年6月9日/ひとめぼれスタジアム宮城
 
「少ない時間の中で得点チャンスを作るっていうのは、まあ、すごく良い選手ですよね、僕が言うのもなんやけど」
 
 エルサルバドル戦で67分に途中出場し、「18歳と5日」という歴代2位の若さで日本代表デビューを飾った久保建英について、昌子源はその印象を語る。ゴールやアシストといった決定的な仕事こそなかったが、相手を手玉にとる鮮やかなフェイント、味方の足もとにピタリとつけるスルーパスなど、久保は期待通りのプレーを随所に披露した。
 
 とはいえ、「持っているクオリティを考えれば、おそらく満足はいっていないだろうし。ここ一週間、ずっとあいつのプレーや練習を見ていても(感じるけど)、たぶん、もっとできたと自分では思っているはず」と昌子は推察する。
 
 そんな昌子にとって久保はどんなアタッカーなのか。「相手に建英がおったらどう対応するか」と、DFの視点で語ってくれた。
 
「建英がサイドにいるか真ん中にいるかで、(対応は)全然変わってくると思う。サイドにいれば、SBに『抜かれてもいいから潰せ!』と指示をすればいい。なぜかと言うと、SBが抜かれても、俺らCBがいるから。でも、ずっとCBのところ(真ん中)にいると、あんな(ボールの)持ち方をされたら、俺らCBは一発では行けないわけで」
 
“あんな持ち方”について、さらに詳しく説明する。
 
「抜いてシュートを打つわけではない。かわして打ってくる。自分に注目を集めておいて、ラストパスも出せる。ペナルティエリア内や近くにいられると、本当に困る。持ち方を含めて、“なんでもできますよ”って言っているようなもんやし」
 
 そんなプレーヤーが味方であることを、昌子は心強く思う。久保だけではない。「(中島)翔哉もそうだし、(堂安)律や(南野)拓実もそうやけど、創造性豊かというか、自分たちが思うことを伸び伸びとやってくれている」。森保ジャパンの攻撃面で欠かすことのできないアタッカーたちに、昌子は「やっぱり頼もしいよね」と絶大な信頼を寄せていた。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】エルサルバドル戦を彩った「美女サポーター」たち

【久保建英 PHOTO】A代表デビュー!!!堂々としたプレーで約4万人の観客を魅了する・・・!!

【日本代表PHOTO】トリニダード・トバゴ戦を彩った「美女サポーター」たち

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月19日発売
    2019-2020シーズンは
    この布陣で戦え!
    メガ14クラブ「最強モデル」
    第2特集は“リバプールに学べ”
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ