アッレーグリ、モウリーニョ、ランパード、ヴィエラ…チェルシーの次期監督の適任者は誰だ! 英紙分析結果は…

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月06日

巷を賑わしている候補者たちは適任なのか?

チェルシーの新任候補には、アッレーグリ(左上)、モウリーニョ(右上)といった経験豊富な指揮官やランパード(左下)、ヴィエラ(右下)のような新進気鋭の名前もある。 (C) Getty Images、(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 ヨーロッパリーグ(EL)で6年ぶり2度目の優勝を果たしたチェルシー。だが、その辣腕で勝利に導いたマウリツィオ・サッリ監督は、わずか1シーズンで退任すると言われている。

 では、サッリが退任した場合、巷で後任候補と言われる指揮官たちは、チェルシーを率いるのに適した人材なのだろうか――。現地時間6月4日、英紙『Telegraph』は、10名の候補について分析した。

 リストアップされたのは、フランク・ランパード、マッシミリアーノ・アッレーグリ、パトリック・ヴィエラ、ハビ・グラシア、ジョゼ・モウリーニョ、スティーブ・ホランド、ヌーノ・エスピリト・サント、ディエゴ・シメオネ、ブレンダン・ロジャース、ジョン・テリーの10名だ。

 そのうち、予想オッズ上位5名について、『Telegraph』の分析を紹介しよう。

―――◆―――◆―――

●フランク・ランパード(ダービー・カウンティ/イングランド国籍)

 ダービーでプレミアリーグ昇格を逃したが、チェルシーのレジェンドは後任候補の最右翼。指導者としてのキャリアは浅く、『Telegraph』も「チャンピオンズ・リーグ(CL)やシティ、リバプールと競うに必要な経験はない」としている。

 そのうえで、同紙は、「ファンに好かれ、クラブに望むことを理解しているクレバーな人物を雇うことが必要なときもある。補強禁止処分と、より安定した財政モデルへ向かいたいなら、今がそのときかもしれない」と続けた。
 
●マッシミリアーノ・アッレーグリ(フリー/イタリア国籍)

 チェルシー内部の人間によると、クラブはアントニオ・コンテ、サッリに続き、3人連続でのイタリア人招聘することを望んでいないという。だが、イタリア人は全員NGというわけではなく、例えば、「より実践的で、コンテやサッリほど激情的でない」アッレーグリは別なようだ。

『Telegraph』は、「普通のシーズンオフなら有力候補」としたうえで、長く指導を続ける気はないとされるアッレーグリは、「前線強化ができず、エデン・アザールが去る中では理想的ではない」と伝えている。

●パトリック・ヴィエラ(ニース/フランス国籍)

 指導者として初めて欧州主要リーグで指揮を執った2018-19シーズン、ヴィエラはニースを7位に導いた。『Telegraph』は、2位リールに続き、王者パリ・サンジェルマンと並ぶリーグ2位タイの失点35という守備力を評価している。

 その一方で、攻撃はリーグワースト3位の30得点であることも指摘。「アザールが去ったチェルシーでそれを繰り返せば、サポーターを退屈させるリスクがある」とした。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ