【日本代表】大迫を活かし切れなかった新システム…改善すべきテーマは?

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2019年06月06日

ポストワークを活かした決定機がそれほど多くなかった

CFで出場した大迫だが、持ち前のポストワークを披露する回数は限られた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[キリンチャレンジカップ]日本0-0トリニダード・トバゴ/6月5日/豊田スタジアム
 
 森保一監督は6月5日のトリニダード・トバゴ戦で、従来の4-4-2システムではなく、就任後初めて3-4-2-1システムを採用した。しかし、最後まで相手の守備ブロックを崩せずにスコアレスドローに終わった。
 
 とりわけ気になったのは、CF大迫勇也を活かし切れなかった点だ。ドイツのブンデスリーガでも通用するほどのパワフルかつしなやかなポストワークが魅力のFWも、周囲とのコンビネーション不足で、その持ち味を発揮できていなかった。
 
 大迫だけではなく、チーム全体の問題だろう。慣れないシステムではどうしても連動性を欠き、CFへのパスルートを確立できていなかった。
 

 大迫の1列後ろのシャドーで先発した堂安律も、システムの変更による難しさを感じていたようだ。以下のように攻撃面を振り返っている。
 
「後ろの選手を増やしている分、前の選手がひとり減っているので、前線3人のコンビネーションが大事になるなと考えていました。パスを入れるところが1か所減っているので、どうしても最後のスルーパスなどは少ないと感じました。ただ僕らがより危険なエリアに入っていけるシーンもありましたし、やろうとしていることは悪くなかったです」
 
 堂安が言うように、3-4-2-1システムでひとつの肝となるのが、1トップ+2シャドーの連係だ。もちろんチームによって方法は異なるものの、最前線の1トップがポストとなり、バイタルエリアで2シャドーが前向きにボールを受けることでビッグチャンスを作るのが、効率的で理想的な崩し方である。
 
 大迫へのパスが少なかったこの日は、シュート25本を打てどもノーゴール。単純なフィニッシュ精度の問題もあるが、CFのポストワークを活かした決定的なチャンスがそれほど多くなかったのも、ひとつの理由である。
 
 実際に60分のシーンなど、中央で大迫がボールを収めて中島や堂安が抜け出した時には、より迫力を持ってエリア内に侵入できていた。それだけに、ややもったいない印象が残る。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ