【松本】光明を見出すが不安要素も。スピードスター前田不在の穴を埋めるのは――

カテゴリ:Jリーグ

大枝 令

2019年06月03日

圧巻のドリブル突破でPK奪取

清水戦で今季2点目となるゴールをマークしたL・ペレイラ。「もっともっと取っていきたい」と上機嫌だった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1第14節]松本1-1清水/6月1日/サンプロ・アルウィン
 
 希望と不安が入り混じる90分間だった。
 
 17位の清水を迎えた一戦は、にらみ合いが続き、PKの1点ずつで痛み分けとなった。
 
 両チームともブロックを敷いて構え、互いのストロングポイントを無力化するガマン比べの展開。松本は、清水のドウグラスへのクロス供給を遮断すれば、一方の清水は背後のスペースを消してくる。どう転んでも1点勝負、という雰囲気が流れ始めていた。
 
 そうした膠着状態のなか、単騎で試合を動かしたのがレアンドロ・ペレイラだった。センターライン付近の自陣左サイドで、清水のボランチ六平光成からボールをカット。「まったくシュートチャンスがなかったので、ボールを奪った時はなんとしてもエリア内に持ち込もうという気持ちだった」と、それまでのフラストレーションをすべて発散させるかのように猛然とドリブルを開始した。
 
 そこからの展開はまさに圧巻の一言に尽きる。ファン・ソッコのスライディングタックルをあざ笑うかのように交わし、さらにスピードアップ。ペナルティエリア内まで持ち運び、取り戻しに来た六平のタックルがファウルの判定となり、PKを得た。これを自ら決めて先制。今季2点目となる7試合ぶりのゴールを挙げ、試合後は「センターフォワードなのでアタッカーとして仕事ができたのは本当に嬉しいし、チームのためにもアタッカーが決めるのは大切なこと。ただ、これを続けないと意味がないので、もっともっと取っていきたい」と上機嫌だった。
 
 松本にとっては、まさに“清水の舞台”から飛び降りるような額を払って招き入れた助っ人ブラジル人が、強烈な個の力を示して、たったひとりでゴールを奪った。そのこと自体は手放しで喜ばしいし、次節以降に向けても一条の光明となるだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ