鳥栖、新体制で初黒星を喫し4連勝ならず… C大阪がB・メンデスの決勝弾で連勝!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月01日

前節決勝弾の豊田は後半立ち上がりに負傷交代

決勝点を挙げたブルーノ・メンデス。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは6月1日、各地で14節の8試合を開催。ベストアメニティスタジアムでは、サガン鳥栖対セレッソ大阪の一戦が行なわれ、C大阪が1対0で勝利を収めた。

 試合は互いに積極的な守備から素早い攻撃でゴールを目指す、白熱した攻防を展開。ともにゴール前でのチャンスを作り出すスリリングなシーンも見られた。均衡が破れたのは39分。C大阪は、中盤で藤田直之が清武弘嗣にワンタッチでつなぐと、すかさず左サイドへ展開。パスを受けた丸橋祐介からの折り返しをブルーノ・メンデスが押し込み、ネットを揺らした。C大阪が先制に成功する。

 1点ビハインドで前半を折り返した3連勝中の鳥栖は、後半立ち上がりにアクシデント。前節の鹿島戦で殊勲の決勝弾を挙げた豊田陽平が負傷交代となってしまう。代わって小野裕二が投入された。

 その後、鳥栖はイサック・クエンカや金崎夢生、交代出場の小野らを中心にゴールに迫るが、フィニッシュの精度を欠き、ネットを揺らせない。

 結局、試合は1対0のままタイムアップ。C大阪が1点差を守り切って、敵地で2連勝とした。C大阪は勝点を20として順位は9位をキープ。一方、金明輝監督となって初黒星を喫した鳥栖は、勝点13で試合終了時点で16位。他会場の状況によっては再び最下位に沈む可能性もある。

【鳥栖 0-1 C大阪 PHOTO】ブルーノ・メンデスが2戦連続決勝弾で3連勝中の鳥栖に黒星をつける
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ