「俺たちはユーベじゃない!」「言い訳はするな」 インテルのウルトラスがコンテ新監督に“警鐘”!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月01日

インテリスタたちはユーベ色の強い新指揮官に公式声明を出す

就任早々、サポーターたちからクギを刺されたコンテ。はたして、彼はそうした周囲の声を静められるだろうか。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間5月31日、インテルは、アントニオ・コンテ新監督の就任を発表した。

 2年の契約を残したルチアーノ・スパレッティに別れを告げてまで、コンテを招聘したインテル。その狙いはもちろん、ユベントスやイタリア代表、チェルシーで実績を残した名将が、チームを飛躍させられると信じたからだ。

 ただ、言わずもがな、コンテはユーベのイメージが強い。現役時代にキャプテンを務め、指導者としても現在の黄金期の礎を築いた。

 そして、こちらも周知のように、両クラブは犬猿の仲だ。それだけに、インテルのウルトラス「クルヴァ・ノルド」も、新指揮官に対して、“警鐘”を鳴らしている。

 コンテ監督就任を受けて声明を発表した同ウルトラスは、「俺たちはユーベじゃない。俺たちにとって、大切なのは勝つことだけじゃない」(『Sport Mediaset』より)と、コンテにユーベで築いた哲学を「捨てろ」と言わんばかりに訴えたのだ
 
「クルヴァ・ノルドは、彼のユーベ時代や裁判(八百長疑惑騒動)の過去を決して忘れることができないと断言しておく」

「我々がなにより懸念しているのは、倫理面だ。インテリスタであるということは、対戦相手をリスペクトして勝ち、敗北や裁定を受け入れ、言い訳しようとしないことだ。インテルにふさわしいことを近く示してくれるのを願いつつ、コンテ監督の幸運を祈る」

 だが、インテル・サポーターでもあるジャーナリストのエンリコ・メンターナ氏は、コンテの裁判に言及したことや、ウルトラスのこれまでの言動に問題があったことを指摘し、クルヴァ・ノルドの声明を批判した。

「大半のウルトラスはこうだ。セリエAと各クラブが、恐れることなく、スタジアムを(ウルトラスから)解放するために動くことを願っている」

 はたして、1年ぶりに現場復帰を遂げたコンテは、周囲を納得させるサッカーを披露し、熱烈なインテリスタたちの期待に見合う結果を残すことができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ