【小宮良之の日本サッカー兵法書】久保建英の招集はサプライズではない――森保監督の“公平な”メンバー選考

カテゴリ:連載・コラム

小宮良之

2019年06月01日

岡崎と川島の招集も驚きではない

17歳で初の日本代表入りを果たした久保。どんなプレーを見せてくれるのか。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 17才、久保建英(FC東京)の日本代表招集が話題になっている。

 しかし、このメンバー選考はサプライズではない。久保はすでにクラブで中心選手となっていて、首位を走るチームを牽引。結果を残している。つまり、必然の招集と言えるだろう。

 一方、欧州のクラブに所属し、定位置を掴むことができていないベテラン、岡崎慎司(レスター退団が決定)と川島永嗣(ストラスブール)の招集に関しては、疑問符を投げかける人もいるだろう。

 しかし、この招集も驚きに値しない。世代交代を図る中で若手選手を招集する一方、実績、実力のあるベテランを呼び、代表選手の厚みを伝える。欧州で長く活躍し、ワールドカップ、アジアカップなど国際経験も豊富な二人の存在は貴重だ。コパ・アメリカを戦ううえでも重要になるだろう。

「世代間の融合」

 森保一監督は、就任以来、そう言い続けているが、今回の選考も何ら矛盾はしていない。17才の久保と36才の川島が共存する。そこに伝承はあるだろう。キリンチャレンジカップの27人という多めの招集人数(通常は23人)も、その意図が透けて見える。

 実に正当な代表メンバーと言える。ほとんどの選手が各チームで納得できる活躍をしているし、文句をつけられない。個人的に、「3、4人はこっちの選手の方がいいよ」というのはあっても、腑に落ちるメンバーだ。
 
 その公平性は、すべての日本人選手たちにも伝わるだろう。

「活躍次第で自分も代表に手が届く!」

 各選手、代表への競争心も沸くだろう。誰にでもチャンスがあって、平等に選ばれている。その空気が、健全さを生むのだ。

 これは、森保監督が日本人であることのアドバンテージと言えるかも知れない。

 過去、アルベルト・ザッケローニ、ハビエル・アギーレ、そしてヴァイッド・ハリルホジッチの代表選考は、かなり独特だった。「斬新な視点が刺激を与えた」のは紛れもない事実だろう。抜擢され、成長した選手も少なからずいる。

 しかし、フィーリングで決める選考も多かった。J1での実績が乏しい選手を感覚で呼び、すぐに呼ばなくなったり、逆に活躍しているのに呼ばれない、あるいは海外での経験が面白い、というだけで呼んで勝手に失望する。そんな事例がしばしば起きた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月5日発売
    己の価値を証明せよ!!
    2019-2020シーズン版
    必見タレントFILE
    夏の大物移籍の舞台裏も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ