EL出場権を懸けたベルギーリーグのファイナルマッチでシャルルロワ惜敗…森岡亮太は途中交代

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月26日

森岡は2点目のきっかけを作るも、後半に途中交代

EL出場まであと一歩のところまで勝ち進んだシャルルロワの主力として貢献したが…。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間5月25日、ベルギーリーグのプレーオフファイナルが行なわれた。勝てばヨーロッパリーグ予選出場権が与えられる一戦で、プレーオフ2を勝ち上がったシャルルロワは、プレーオフ1を4位で終えたアントワープと対戦し、2-3で敗北した。

 シャルルロワ所属の森岡亮太は3-5-2の攻撃的MFで先発出場。試合は、開始1分でシャルルロワが1点を決め、11分にはペナルティエリアに攻めあがった森岡の仕掛けからFKを獲得。これをシャルルロワのドリアン・ドセオレイルが直接決め、幸先よく2点を先制する。

 しかし、ここからゲームの流れは一気に加速する、

 16分にアントワープに1点を返されると、20分に3バックの1角、ジショコ・ザイコフのラフプレーにレッドカードが提示されて一発退場。このファウルで獲得したPKをきっちり決められて2-2とされる。

 数的不利となったシャルルロワは、3バックから4バックに変更。森岡は守備的MFの位置まで下がってのプレーを強いられた。

 前半はどうにかドローのまま折り返したが、後半はアントワープが躍動する。後手に回ったシャルルロワの守備網をかいくぐり、67分に先制点を決めたアントワープのディアメルシ・ムボカニに今日2点目を頭で叩き込まれ、2-3とシャルルロワは窮地に立たされる。

 守備に追われる時間が続いたなか、森岡は74分にピッチを退く。しかし、シャルルロワは守備を固めてカウンターを狙うものの、アントワープの堅守を破ることができず。

 後半アディショナルタイムにはムボカニに最終ラインの突破を許してGKと1対1の場面に持ち込まれるなど、劣勢のまま試合を終えた。

 結果、アントワープが来シーズンのEL予選出場権を獲得。プレーオフ2から勝ち上がったシャルルロワは、あと一歩のところでELの切符を逃してしまった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ