横浜が大量4得点で快勝! 磐田は守備崩壊で名波監督も「ひと言で言って完敗…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月26日

序盤は白熱の攻防も最終的には4対0の大差に

キレのある動きを見せたM・ジュニオール(左)と2得点を挙げたE・ジュニオ。写真:滝川敏之

画像を見る

 J1リーグは5月26日、各地で13節の6試合を開催。日産スタジアムでは、横浜F・マリノス対ジュビロ磐田の一戦が行なわれ、4対0でホームの横浜が快勝した。

 試合は前半、横浜が主導権を握りゴールに迫るものの、磐田もGKカミンスキーの好守で凌ぎつつカウンターから反撃。白熱の攻防が展開されたが、均衡が破れたのは40分。横浜はマルコス・ジュニオールが技ありのコントロールショットを決めて先制。横浜が前半を1点リードで折り返した。

 さらに横浜は後半、カウンターからチャンスを創出。60分にはM・ジュニオールのパスに反応した仲川輝人がDFひとりをかわして左足を振り抜き、ネットを揺らした。その後も攻撃の手を緩めない横浜は65分、ティーラトンのクロスがPKを誘発。これをエジガル・ジュニオが決め3点目。さらに74分にもE・ジュニオが4点目を挙げ、4対0とする。

 結局、試合は横浜が4対0で大勝を収め、2連勝。勝点を24に伸ばした。磐田は同12にとどまり、、降格圏の仙台とは勝点2差となっている。

 試合後、横浜のアンジェ・ポステコグルー監督は、「選手みんなが厳しい天候のなか、あれだけのパフォーマンスをしてたくさん点を取って結果もついてきたのはよかった」と、真夏のような暑さの中で快勝した選手を労った。

 一方の磐田の名波監督は、「ひと言で言って完敗。相手のストロングポイントである前線の動き出しの速さとドリブルでの仕掛け、そこを徹底的にやられてサイドを切り裂かれた。相手のやりたいことをやられてしまった」と話し、完敗を認めざるを得なかった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ