【U-20日本代表】メキシコ攻略の鍵はイタリアが決めた先制点がモデルケースに

カテゴリ:国際大会

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2019年05月26日

「後ろから斜めの良いボールを通す」

齊藤未月がメキシコ戦に向けて意気込みを語った。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 5月26日、U-20ワールドカップで日本がメキシコと対戦する。勝てばグループステージ突破の可能性が高まる重要な一戦だ。
 
 日本はメキシコのどこを狙えばいいのか。そのモデルとなるのが、初戦でメキシコと対戦したイタリアが奪った先制ゴールだろう。
 
 3分、右サイド後方からFWスカマッカに縦パスが入り、ダイレクトの落としにフラテッシが反応。そのまま左足を振り抜き、強烈なミドルシュートを突き刺した得点だ。
 
 このゴールのポイントは縦パス。ボランチの齊藤未月は「僕たちから良いパスを出すのもそうですし、後ろから斜めの良いボールを通すのもそうですし、今までやってきたことをやれれば良い攻撃ができるんじゃないかと思います」とイタリアが見せたような攻略イメージを膨らませている。
 
 メキシコの中盤は緩く、その後もイタリアに何本かミドルシュートを許した。急所を突くならやはりバイタルエリアで、攻略には最前線での起点作りが求められる。
 
 実際、エクアドル戦の後半に良くなったのも、ハーフタイムに交代した宮代大聖が上手くバイタルエリアを利用したからだった。
 
「前半、ベンチから見ていて、バイタルのスペースというのは少し空いているなと感じていた。そこは前半見ている中で、そういう部分がわかっていた。うまく形で入れたのかなと思う」
 
 日本としては最前線の宮代を起点に、ボランチの齊藤らが絡んで、バイタルエリアで勝負したい。そこから、イタリアと同じように先制パンチを食らわせられれば、理想的だ。ゲームのポイントのひとつとして、注目したい。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ