「大きな損失だ」ムヒタリアンのEL決勝欠場が決定。「安全が保証されない」と無念の断念

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月21日

グループステージでも遠征に帯同せず

今シーズン、ELでは11試合に出場したムヒタリアン。3アシストをマークしている。(C)Getty Images

画像を見る

 ビッグゲームを前に、残念なニュースと言わざるを得ない。

 5月21日、アーセナルは、アルメニア代表MFのヘンリク・ムヒタリアンがヨーロッパリーグ(EL)の決勝を欠場すると発表した。英公共放送『BBC』などが報じている。

 同じロンドンに本拠地を置くチェルシーとのダービーマッチは、現地時間5月29日、アゼルバイジャンのバクーで開催される。

 だが、このアゼルバイジャンとアルメニアは以前から緊張状態が続いており、「安全が保証されない」と判断したのだ。ムヒタリアンは、昨年10月にELのグループステージでアゼルバイジャンのカラバフと対戦した際も、アウェーゲームに帯同しなかった。

 アゼルバイジャンの英国大使は、「安全を確保すべく、アゼルバイジャン政府は必要なことはすべてやる」と発言するなど安全性をアピールしていたものの、下したのは「欠場」という決断だった。
 
 そのムヒタリアンは、次のように心境を語っている。

「あらゆる可能性を考慮したけど、ヨーロッパリーグ決勝の遠征メンバーには加わらないことに決めた。そうあるようなゲームではないし、出られないのは本当に残念だ」

 またクラブは、次のようなコメントを発表した

「UEFAにはこの状況への懸念を伝え、ムヒタリアンが参加できるようあらゆる手を尽くしましたが、本人と家族と話し合った結果、遠征に加わらないことになりました。ファイナルに勝ち進むなかで、ムヒタリアンは重要な役割を果たしてくれた選手であり、チームにとって大きな損失です」

 アーセナルにとって、来シーズンのチャンピオンズ・リーグ出場権、そして1993-94シーズンのカップウィナーズ・カップ以来のヨーロッパタイトルを懸けたこの一戦は、文字通りの大一番だ。

「今シーズンもっとも重要なゲーム」と言っても過言ではないこの決勝で、攻撃の切り札のひとりであるムヒタリアンを欠くことになるとは、返す返すもアーセナルにとっては痛手と言うほかない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】スーパーカーがずらり! 名手エジルの豪華な愛車コレクションを一挙公開!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月19日発売
    2019-2020シーズンは
    この布陣で戦え!
    メガ14クラブ「最強モデル」
    第2特集は“リバプールに学べ”
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ