欧州トップ15クラブの最新スタイル【ローマ】主導権保持を基本としながら鋭利なカウンターを

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2014年10月21日

攻守に実力者を獲得し、完成度をさらに高める。

 ガルシア監督は就任1年目の昨シーズンに、ポゼッションとトランジションをハイレベルに融合させた攻撃サッカーを構築。攻守に実力者を獲得した今シーズンは、その完成度をさらに高めている。不可解な判定もあり敗れたとはいえ、セリエA6節ではユーベを内容で凌駕し、CLではマンチェスター・Cと互角の勝負を演じるなど、メガクラブ相手でも高い競争力を備える。
 
 攻撃は最終ラインからの丁寧なビルドアップによる主導権保持を基本としつつも、守→攻の切り替えではジェルビーニョなど走力自慢のスピードを最大限に活かせるカウンターアタックを優先。そのいずれにおいても、「偽のCF」の元祖であるトッティの類稀なパスセンスが、重要な鍵を握っている。
 
 今後キーマンになりそうなのが、膝の怪我で12月まで離脱予定のストロートマン。昨シーズンは傑出した戦術インテリジェンスを武器に攻守のバランス担保において重要な存在となっていたこの万能型MFが、復帰後すぐにフォームを取り戻せば、スクデットとCL上位進出はともに現実的な目標だ。
 
(ワールドサッカーダイジェスト2014.11.6号より)

素早い切り替えからのカウンターアタックのキーマンが、快足自慢のこのジェルビーニョだ。 (C) Getty Images

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ