「ゴラッソすぎますよ!」「まさにTHE DOAN」フローニンヘン堂安律の圧巻ミドル弾にファン熱狂!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月13日

父の誕生日と母の日、そしてすべてのサポーターへ

実に5か月ぶりとなるリーグ戦ゴールに歓喜が弾けた堂安。最終節でも大仕事をやってのけるか。(C)Getty Images

画像を見る

 オランダ・エールディビジでは、実に5か月ぶりのゴールだ。
 
 5月12日に行なわれた第33節、フローニンヘン対フォルトゥナ・シッタルトの一戦。ホームチームが3-0の快勝を飾ったゲームで、日本代表MF堂安律が目の覚めるようなスーパーミドルをねじ込んだ。1-0で迎えた53分だった。右サイドから中央へ切れ込んだ堂安は、DFをひとりかわすと迷わず左足を一閃! およそ25メートルの位置から放たれた一撃は、鋭く弧を描きながらゴールに吸い込まれた。スタジアムに歓喜と熱狂をもたらしたのだ。
 
 殊勲弾を決めた背番号7は、試合後に自身のインスタグラムを更新。僚友であるサミル・メミシェビッチ、ミケ・テヴィーリクと満面笑みの3ショット写真を掲載し、英語でメッセージを添えた。以下が日本語の訳文だ。
 
「ゴールは昨日誕生日だった僕のお父さんと、母の日なので僕のお母さん、そしてもちろんこの瞬間を待っていたすべてのサポーターのために!」
 
 この投稿とファインゴールを目の当たりにしたファンからは、書き込みが殺到。「どえらいゴールやったな」「スーパーゴールでした!」「ゴラッソすぎますよ。少しは優しくしてあげましょう笑」「見たよー!待ちに待ったゴールはスーパーゴラッソでしたね!!」「最高の親孝行だと思います」「まさにTHE DOAN!」と、興奮を隠し切れない。

 
 そして堂安はインスタを、「プレーオフに行こう!」の一文で締めた。フローニンヘンはこの日の勝利で8位に浮上。7位のヘラクレスとは勝点3差で、4~7位が参加できるヨーロッパリーグ・プレーオフ進出への望みを繋いだのだ。
 
 最終節(5月15日)、敵地でのエメン戦にすべてを賭ける!
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ