「堂安律の影響力は、かつてのヴァイナルダムを超えている」英ニューカッスル番記者が獲得を猛プッシュ!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月04日

今夏のステップアップ移籍は叶うのだろうか

アヤックスやPSVなども気にかけているという堂安。今夏に国内、もしくは国外へのステップアップ移籍はあるのだろうか。 (C) Getty Images

画像を見る

 森保ジャパンのレギュラーに成長した堂安律には、以前から取り沙汰されていたオランダの強豪に加え、プレミアリーグのクラブも興味を示しているようだ。

 4月30日、イタリアの移籍専門メディア『Calcio Mercato』は、エールディビジのフローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律に対して、「(オランダの2強)アヤックスとPSVに加えて、プレミアリーグのサウサンプトンが獲得を望んでいる」と報じた。

 この報道に反応したのが、英メディア『HITC』でニューカッスルを担当しているダニー・オーウェン記者だ。

「12月に一度、ラファ・ベニテスがフローニンヘンの堂安律に興味を持っていると報じた。クラブが獲得に興味を持っていたのは間違いない。創造的でダイナミックな20歳のアタッカーは、かつてのニューカッスルの“No.5”ジョルジニオ・ヴァイナルダム(現リバプール)に例えられるほどの存在だ」

 ヴァイナルダムは、エールディビジの強豪フェイエノールトの下部組織出身で、その後にPSVに所属。2015-16シーズンにニューカッスルに引き抜かれ、1年後にはリバプールへ移籍した。

「フローニンヘンの指揮官ダニー・バイスは、オランダのメディアに堂安は若い時のヴァイナルダムに似ていると話した。類似点はあるが、すでに堂安の持つ影響力はそれを超えている。

 もしサウサンプトンが堂安の獲得に乗り出すということが事実であれば、ニューカッスルはエールディビジでいま最も影響力のあるプレーヤーのために、いち早く動かなければならない。

 MFアイザック・ヘイデン、ジョンジョ・シェルビー、モハメド・ディアメは今夏にニューカッスルを去ることになっている。堂安のためのポジションは空いている」

 はたして、プレミアで堂安の争奪戦が勃発するのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ