「でかすぎ、優しすぎ!」日本代表、堂安律が日本を沸かせた超有名格闘家との対面に興奮!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月11日

身長差40cmのスマイル2ショット写真を公開

今季のエールディビジも残すところあと2節。堂安の左足がうねりを上げるか。(C)Getty Images

画像を見る

 日本代表MF堂安律が、意外な有名人との2ショット写真を公開した。
 
 オランダのフローニンヘンで活躍するアタッカーは5月10日、自身のインスタグラムを更新。練習場で撮影した写真をアップし、「I’m happy to see Sem Schilt. セミーシュルトさんと(写真)。でかすぎる。そして優しすぎた」との文章を添えた。
 
 セミー・シュルト(セーム・シュルト)氏は212cmの巨躯が特徴的で、かつて2000年代に日本でもK1やPRIDE、Dynamite!などで活躍した空手家、キックボクサー、総合格闘家だ。K1王者に4度輝いたレジェンドは13年に現役を引退し、その後は母国オランダでスポーツ番組のレポーターやジム経営などをこなしながら、多忙な日々を過ごしている。現在45歳だ。

 
 では、なぜ堂安とフローニンヘンの練習場で出会えたのか。実はシュルト氏はフローニンヘンにほど近いザイドラーレンという街に自宅があり、数年前からフローニンヘンでの仕事にも従事しているという。以前所属していた主力選手と親交があったことからクラブとの絆を深め、現在はユースチームの選手にキックボクシング式のトレーニングを定期的に指導しているのだそうだ。
 
 シュルト氏が現役バリバリだった頃、堂安はまだ小学校高学年。ひょっとしたらテレビの前で応援していた!? ちなみに堂安は172cmで、シュルト氏との身長差はちょうど40cmである。
 
 伝説の格闘家からキックの極意を伝授された、かもしれない堂安。日曜日のエールディビジ、フォルトゥナ・シッタールド戦で昨年12月2日以来、19試合ぶりとなるゴールを挙げられるかに期待がかかる。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ