【FC東京】「ディエゴが点を取ったら蹴らしてね」。久保とD・オリヴェイラが交わした約束

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2019年05月12日

松本戦の前日に冗談っぽく…

試合中も良好な関係を築いている久保とD・オリヴェイラ。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 今季FC東京でPKのキッカーを務めるのは、基本的にディエゴ・オリヴェイラである。「チームの約束事」(長谷川健太監督)としてそれは決まっており、D・オリヴェイラ以外の選手がファウルされてPKを獲得しても“キッカーはD・オリヴェイラ”なのだ。
 
 FC東京が2-0で快勝した松本戦、久保建英がペナルティエリア内で倒され、PKを得たシーンがあった。結局、このPKをD・オリヴェイラが決めてFC東京は2-0と突き放すわけだが、試合後、PKについて問われた久保は「もちろん蹴りたい気持ちはあったけど、チームなので」というコメントを発していた。
 
 「もちろん蹴りたかった」。これは素直な心情だろう。事実、松本戦の前、久保はD・オリヴェイラとある約束を交わしていたという。
 
 以下は、D・オリヴェイラの証言である。
 
「松本戦の前日には久保選手から冗談っぽくこんなことを言われました。『ディエゴがゴールを決めたあとにPKのチャンスがあったら、僕に蹴らせてね』と。その時は「もちろん、いいよ」と返しましたが、残念ながらそういうシチュエーションではなかったので、自分でPKを蹴りました」
 
 D・オリヴェイラがゴールを決めた試合でFC東京がPKを獲得すれば、もしかすると「キッカー久保」というシチュエーションが訪れるかもしれない。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ