【J1展望】C大阪×横浜|ポゼッションでは横浜に一日の長。C大阪にとって我慢の試合に?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2019年05月10日

C大阪――2トップは松本戦と同じく都倉&B・メンデスか

故障者/C大阪=西川 横浜=高野
出場停止/C大阪=なし 横浜=なし

画像を見る

J1リーグ11節
セレッソ大阪 - 横浜F・マリノス
5月11日(土)/15:00/ヤンマースタジアム長居
 
セレッソ大阪
今季成績(10節終了時):11位 勝点11 3勝2分5敗 7得点・8失点
 
【最新チーム事情】
●前節の松本戦でリーグ5試合ぶりの勝利。4-4-2布陣が機能。
●8日のルヴァンカップ名古屋戦では柿谷と高木の2トップが先発も、決定力不足を露呈。今節は松本戦と同じく都倉とB・メンデスを起用か。
●特別指定で桐光学園高3年のMF西川は右太腿裏の張りで別メニュー調整。
 
【担当記者の視点】
 前節の松本戦ではリーグ4試合ぶりに4-4-2布陣を採用。前節からスタメン5人を入れ替えて臨むと、2-0で勝利し、5試合ぶりの白星を手にした。18歳の瀬古や、藤田と奧埜の2ボランチ。そして鮮やかな決勝点を決めたB・メンデスら出場機会の少なかった選手たちの奮起もあり、チームとして機能した一戦だった。布陣、スタメンともに松本戦から変更しない可能性は高い。

 2月の宮崎キャンプで横浜と対戦した時には、1-0で勝利しながらも、守勢を強いられた。ポゼッションでは横浜に一日の長があるだけに、今節も我慢強く戦うことが求められる。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月4日発売
    REAL MADRID
    第3次銀河系の全貌
    400億円投資でどう変わる?
    プレミア開幕1か月前点検も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ