監督交代にトーレスは「クラブに忍耐がなかった」と語る…早くも劇薬投入の鳥栖は浮上できるのか?

カテゴリ:Jリーグ

荒木英喜

2019年05月09日

監督交代に選手たちの反応は様々

フェルナンド・トーレスは、カレーラス監督の退任に、「クラブに忍耐がなかった」とした。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 5月6日、鳥栖がルイス・カレーラス監督の退任を発表した。前日に行われた10節・大分戦でカレーラス監督は体調不良の理由にベンチ入りしなかっただけでなく、腹心だったマルク・ボレイコーチなどもこの試合に姿を見せなかったことを考えれば、事実上の解任と言える。


 昨季、リーグワーストの29得点という得点力不足に陥ったチームの立て直しを託され、今季から指揮を執ったのがバルセロナなどでプレーし、サバデルやマジョルカなどで監督を務めたカレーラス監督だった。沖縄キャンプ、香港で行なわれたルナ・ニューイヤー・カップなどを経てチーム作りを行ない、開幕戦前日には「プレシーズンを通していいトレーニング、準備ができているので、開幕戦でしっかりと良いスタートができると思います」と自信を見せていたカレーラス監督。しかし蓋を開けてみれば、開幕戦から3試合連続無得点で3連敗スタート。大分戦までの9試合で1勝1分7敗の勝点4で最下位。得点は1点のみと託された仕事を果たせずチームを去ることになった。
 
 監督交代に選手たちの反応は様々だ。高橋義希は「責任はすごく感じています。選手というか現場でやっていた責任も大きいと思うし、監督には申し訳ない気持ちでいっぱいです。ただ、そうは言っても試合は来るし、今の鳥栖の状況は厳しい状況。悲しいですけど、そこに気持ちを向けている場合でもない」と、前監督の目指したサッカーを体現できなかった責任を感じながらも前を向いた。また、前監督と一緒にプレーした経験のあるフェルナンド・トーレスは「今までとは完全に違うことを取り入れようとして、ルイスはそれを持ってきて、そういった新しいことには時間がかかるもの。クラブに忍耐がなかったということですよね」と話した。

 昨季、マッシモ・フィッカデンティ監督解任後にJ2降格の危機に瀕したチームを立て直してJ1残留に導いた金明輝コーチが、今回も監督に昇格することになった。7日の就任会見では「ポゼッションとかカウンターとかそういうことではなく、ゴールを奪うための道筋を選手たちと一緒に共有する。パスを細かくつなぐとかロングボールを蹴るとかそういう部分もすべて融合しながら、相手を見て、自分たち主導でサッカーをしていく」と目指すスタイルを示した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ