DAZN週間ベストゴールが発表!”リアル”トリプルカウンターアタックが必見!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月22日

北川の決勝点は鮮やかな速攻から。起点は六反のパントキック!

終盤に決勝弾を決めた北川(右)。六反(中央)、エウシーニョ(左)と完璧な速攻を仕掛け、見事にゴールを陥れた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 4月22日、DAZNの公式ツイッターで「DAZN週間スーパーゴール」が発表された。
 
 19日から20日に掛けて開催されたJ1・8節。ピックアップされたのは5つのゴラッソだ。

 奈良竜樹の絶妙なスルーパスから知念慶(川崎)が決めた一撃、チャナティップ(札幌)が巧みなコントロールで相手GKを外して決めたテクニカルなショット。福森晃斗(札幌)の鮮やかすぎる直接FK弾や、最高評価を得た阿部浩之(川崎)の意表を突いたゴールも秀逸だった。
 
 そのなかで今回注目を集めているのは、北川航也(清水)のスライディング弾だ。
 
 0-0で迎えたC大阪戦の82分。試合は最終盤を迎え、膠着した状態が続いているなかで鮮やかなカウンターから北川がネットを揺らした。ただ、このゴールで見るべきポイントは、得点までの過程だ。
 

 まず、ソウザのFKをGK六反勇治がストップ。こぼれ球を拾われ、柿谷曜一朗に右クロスを入れられた。ここで六反が絶妙な飛び出しでボールをキャッチすると、周囲の状況を冷静に見極め、右サイド前方に低弾道のパントキックを蹴り込む。

 ロングフィードに反応したエウシーニョが飛び出してきたGKキム・ジンヒョンより先に触り、右足で左サイドへラストパスを送る。ここに猛然と走り込んできた北川がプッシュし、ポストに当たりながらゴールに吸い込まれた。
 
 このゴールを、サポーターも称賛。なかには大人気サッカー漫画「シュート」に登場する必殺技“トリプルカウンターアタック”に例える声もあり、多くのファンが鮮やかな連係プレーに魅了されたようだ。
 
 次節はどんなゴールが生まれるのか。シュートシーンだけではなく、崩しの過程にも要注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ