【岩本輝雄】“二枚看板”不在でも、フロンターレが戦いの幅を広げられたワケ

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2019年05月07日

ラインを下げさせれば中盤にスペースが生まれる

2試合連続先発の齋藤。持ち前の突破力を武器に、チームの攻撃に迫力をもたらしていた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 いよいよチャンピオンチームが調子を上げてきたね。
 
 J1リーグの10節、ベガルタをホームに迎えた一戦で、フロンターレは3-1の完勝を収めた。憲剛と家長の“二枚看板”がいなかったけど、内容でほぼ相手を寄せ付けず、盤石の強さを見せつけた格好だった。この勝利でチームは6戦無敗の4連勝を達成。開幕から4戦未勝利とスタートダッシュに失敗したけど、完全に復調したようだね。
 
 相変わらず選手同士の距離感がいいし、みんな自分たちのサッカーに自信を持ってプレーしているように見えた。そのなかでも、長谷川と学の両サイドのパフォーマンスは際立っていたよね。
 
 ともにドリブルやスピードを持ち味とするタイプで、縦への鋭い突破や、タイミングの良いダイアゴナルの動きで敵陣を崩しにかかる。彼らふたりがいるおかげで、フロンターレの攻撃はよりスピーディになった印象だ。
 
 ショートパスをテンポ良くつないで、時間をかけてでもポゼッションで相手を押し込むフロンターレのスタイルを考えると、ともすれば長谷川や学は合わないと思われるかもしれない。でも、決してフィットしていないわけではないよね。
 
 むしろ、ふたりの推進力あるプレーや最終ラインの背後を狙う動き出しによって、相手のラインを押し下げることができる。そうなれば、中盤にスペースが空くから、フロンターレにとってはボールを握りやすい状況が生まれる。そこで自慢のポゼッションを表現すればいいだけだ。
 
 もちろん、縦を崩しにかかった両サイドがそのまま“やり切る”ことができれば、そこからのクロスなどサイド攻撃からゴールを狙えばいい。両サイドからのシンプルかつスピーディな仕掛けに加えて、ポゼッションもできる。長谷川と学はある意味、戦いの幅を広げてくれる存在かもしれないね。

【毎節恒例】「突撃SDカメラマン」"令和最初"のJリーグを盛り上げたサポーター特集!~J1第10節J2第11節編~

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ