札幌が逆転劇でJ1初の4連勝&5位浮上! 神戸はビジャが5試合ぶりゴールも泥沼5連敗

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月04日

進藤亮佑が同点のバイシクル弾、鈴木武蔵が逆転弾!

鈴木が身体を投げ出してヘディングシュートをねじ込み、札幌が逆転に成功した。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは5月4日、10節の5試合を開催。札幌ドームでは、北海道コンサドーレ札幌対ヴィッセル神戸の一戦が行なわれ、ホームの札幌が2対1で4連勝を飾った。


 試合は、ともにゴール前のシーンを数多く作り出す白熱の攻防となった。札幌はドリブル突破から仕掛けるルーカス・フェルナンデスやチャナティップのチャンスメイクなどから鈴木武蔵が決定機を迎えるも決め切れない。一方の神戸も、堅実な守備からチャンスを窺い、ダビド・ビジャが2度の決定機を迎えたが、やはりネットを揺らせない。

 前半をスコアレスで折り返すと、後半に試合が動く。立ち上がりこそ札幌が良いリズムで攻め込んだが、先制したのは神戸。62分、西大伍のドリブル突破が福森晃斗のファウルを誘発し、神戸がPKを獲得。これをビジャが冷静にゴール右に沈めた。ビジャは5試合ぶりのゴールで、今季通算4点目。

 しかし札幌もすぐさま反撃。68分、札幌はCKを得ると、ゴール前の混戦からDF進藤亮佑が鮮やかなバイシクルショットでゴールネットを揺らす。札幌が進藤の今季3点目で同点に追いつく。

 タイスコアとした札幌の勢いは止まらない。75分には右サイドからの早坂良太のクロスに鈴木が身体を投げ出してヘディングシュート。これがゴールネットを揺らし、札幌が逆転に成功した。鈴木はリーグ戦通算4点目。

 終盤は神戸が反撃を仕掛けるも、札幌はこのままリードを守り切り、2対1で逆転勝利を収めた。札幌は、J1リーグではクラブ史上初めての4連勝を飾った。10節を終えた段階で、札幌は勝点18として前節の7位から5位に浮上している。一方の神戸は、泥沼の5連敗。勝点は10にとどまり、前節12位から13位に後退した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【札幌2-1神戸PHOTO】進藤のバイシクルに鈴木武蔵の豪快ヘッド!札幌J1初の4連勝!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ