3連勝で5位まで浮上した浦和。オリヴェイラ監督が話した“バミューダの死角”とは?

カテゴリ:Jリーグ

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2019年04月29日

「私は中盤を『バミューダの死角』というふうに呼ぶことがあります」

タイトな日程のなか浦和を勝利に導いたオズワルド・オリヴェイラ監督。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ9節]清水0-2浦和/4月28日(日)/アイスタ
 
 平成最後の勝者は浦和レッズだった。
 
 試合は73分、CKの流れから興梠慎三が巧みなトラップからシュートを放ち、GKが弾いたところをマウリシオが押し込み先制。90+7分には前掛かりになった相手の裏を汰木康也が突いて、中央へパス。待ち構えていた興梠は冷静にGKの動きを見てダメ押し点を決めた。
 
 試合後、浦和のオズワルド・オリヴェイラ監督は「バミューダの死角」というワードを使って清水戦について語ってくれた。
 
「私たちはミス待ちということはしなかったんですけれど、相手がそのような戦い方をしていたので、気を付けないといけませんでした。みなさんはバミューダのトライアングルをご存じかもしれませんけれども、米国とカリブの間にある、船や飛行機がよく消える地域があるんですけれど、私は中盤を『バミューダの死角』というふうに呼ぶことがあります」
 
 なぜ中盤がバミューダの死角かと言えば、「そこにボールが入ったらボールが奪われる、ボールが消える」からと指揮官は説明する。
 
 また「その中盤の死角にボールが入っていかないよう、消えていかないよう、後ろでキープをしながら相手をおびき出して、スペースができたところでそこを突こうとしました」とゲームプランを明かしてくれた。
 
 浦和はACLのアウェーでの全北現代戦を4月24日に戦ったばかりで、疲労の色はあった。それでもオリヴェイラ監督は的確なゲームプランと采配でチームに勝利をもたらした。

取材・文●古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ