【J1展望】広島×横浜|広島は稲垣のリーグ初先発が濃厚!横浜で警戒すべきアタッカーは?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2019年05月02日

広島――松本泰に代わって稲垣が先発へ。

故障者/広島=青山、井林、D・ヴィエイラ 横浜=高野
出場停止/広島=なし 横浜=なし

画像を見る

J1リーグ10
サンフレッチェ広島 - 横浜F・マリノス
5月3日(金)/14:00/エディオンスタジアム広島
 
サンフレッチェ広島
今季成績(9節終了時):3位 勝点17 5勝2分2敗 11得点・5失点
 
【最新チーム事情】
●足の付け根に違和感を抱えるD・ヴィエイラは今節も厳しい。
●稲垣が今季初のリーグ戦先発へ。
●3連敗回避に向け、守備の意識を徹底。

【担当記者の視点】
「聖域なき競争社会」が今季の広島のテーマである。城福監督は公的な発言として「世代交代」を口にしたことは一度もなく、実績や年齢にかかわらずメンバーを決めていくという想いを繰り返し口にしているだけ。だからこそ、19歳の大迫と34歳の柴﨑が同じピッチに立っているわけだ。
 
 今節、ここまで先発を守ってきた松本泰に代わって稲垣がボランチに入る可能性が高いが、それも同様の理屈。ACL大邱FC戦で結果を出したゲームの中心にいた稲垣に対し、前節の名古屋戦では特に前半、チームは苦境に立っていた。その苦戦は松本泰だけの責任ではないが、稲垣の状態が上がってきたことでポジションが入れ替わったということ。
 
 ただ、実績でいえば圧倒的に上の立場にいる稲垣が怪我から復帰しても、松本泰はここまでポジションを守り通してきたわけで、一定の評価を確保していたことに相違はない。すべては結果。指揮官の冷静かつ厳しい評価眼をクリアすれば、誰にでも先発のチャンスはある。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ