「アジアが世界に誇る一撃!」ふたりのサムライが決めた歴史的ゴラッソを海外メディアが絶賛!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月01日

アジア人による「ブンデスTOP5ゴール」で上位独占!

タン記者がブンデスの「アジア人ベストゴール」に選んだのは、香川がシャルケ戦で決めたあの伝説ループ。何度見ても見飽きない美弾だ。(C)Getty Images

画像を見る

 アメリカの世界的ネットワーク『Fox Sports』アジア版の名物記者、ガブリエル・タン氏がユニークな特集記事を組んだ。
 
 これまで数多のアジア出身選手がドイツ・ブンデスリーガで活躍してきたが、その「TOP5ゴール」を選定。日本サッカーの至宝コンビが、堂々ワンツーフィニッシュを果たしている。
 
 まず、タン記者が5位から3位までに選んだのはいずれも韓国人選手だ。5位がハンブルガーSV時代のソン・フンミン(トッテナム・ホットスパー)で、4位が元韓国代表監督のチャ・ボングン氏で、1980年代にバイヤー・レバークーゼンで決めたもの。続いてその実息であるチャ・ドゥリがアイントラハト・フランクフルト時代にマークしたゴールが、3位に選ばれている。
 
 そしてここから、ふたりのサムライが登場。
 
 2位にセレクトされたのが、シュツットガルト時代の岡崎慎司だ。2012-13シーズンのハノーファー96戦でねじ込んだ鮮やかなバイシクル弾で、「ハノーファーに2-4で敗れた試合ではあるが、素晴らしいショットでシンジ・オカザキがファンに勇気を与えた。いかにも大胆な彼らしいキックで、GKのロン=ロベルト・ツィーラーを無力化した」と称賛している。

 
 堂々1位に推されたのは、現在ボルシア・ドルトムントからベジクタシュにローン移籍中の香川真司。予想通りと言うべきか、チョイスされたのは2015-16シーズンのルール・ダービー、シャルケ04戦で繰り出した美しきループ弾だ。タン記者はこう評している。
 
「ドルトムントのファンにとっては忘れられない一撃で、アジアが世界に誇るべきファインゴールだ。味方選手がヒールで落とすと、相手GKの位置をしっかり見定めたシンジ・カガワが閃きを働かせ、なんとも柔らかなタッチでボールをふわりと浮かした。実に完成度の高いゴールである。ちなみにカガワが積み上げた通算41得点は、ブンデスリーガにおける日本人選手の最高値だ」
 
 さらにタン記者は、「このほかにも惚れ惚れするようなゴールをカガワはいくつも決めている」と綴るなど、最後までベタ褒めだった。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ