「平成最後のゴール」は浦和の興梠慎三!節目のゴールはキングカズに並ぶJ1通算139得点目!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月28日

平成ラスト弾は三浦知良に並ぶ一撃。このゴールに興梠は…

偉大なストライカーに肩を並べた興梠。平成ラスト弾と合わせ、記憶にのゴールになったのは間違いない。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 平成最後のゴールは、浦和のストライカーが土壇場で決めた。
 
 4月28日、各地で平成最後のJリーグが開催され、最も遅い16時キックオフで行なわれたのがJ1・9節の清水対浦和、J2・11節の山口対金沢だ。
 
 その中で人々の記憶に残るゴールを捻じ込んだのが、浦和の興梠慎三だった。浦和の1点リードで迎えた終盤、そのままいけば、金沢の大石竜平が“平成ラストゴール”に認定されるところだったが、興梠が90+7分に大仕事をやってのける。

 カウンターから汰木康也が右サイドを駆け上がると、ゴール前にラストパス。これを興梠が心憎いチップキックで冷静に沈め、勝負を決める2点目を決めたのだ。
 
 興梠にとって今季4得点目はJリーグの歴史に名を残すメモリアル弾。改元前最後のゴールを決め、見事に“おいしい”ところをさらっていった。しかも、J1通算139得点目は、通算得点ランキングで三浦知良(横浜FC)に並ぶ7位タイとなるおまけつき。ふたつの記録を樹立し、記念すべき一撃を彩った。

 試合後、興梠はフラッシュインタビューに登場。平成最後のゴールについては多く語らなかったものの、“キングカズ”並ぶ歴代6位の得点数については「カズさんというスーパースターと肩を並べるのは嬉しいけど、カズさんもまだ現役でいますので」と、殊勝なコメントで喜びを現わした。

 ただ、レジェンドの追い上げを警戒しているようで、「またカズさんがJ1で点を取ったら、抜かされてしまうので、今のうちにもっともっと点を取って広げていきたいと思います」とさらなる活躍を宣言。さらにゴールを量産し、興梠はまだまだ歓喜の瞬間を味わうつもりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ