【FC東京】「勝手に入ったと思っていた」。久保建英が60分のポスト弾に言及

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2019年04月28日

セットプレーのキッカーとしても脅威だった

松本戦では攻撃陣を牽引。久保は主役級の輝きを放った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1・9節]FC東京2-0松本/4月28日/味の素スタジアム
 
 44分に永井謙佑の先制弾を見事なスルーパスからアシスト。後半に入って一段とギアを上げると、60分にはポスト直撃のシュートを放ち、直後のCKでは鋭いボールでチャンスを作りかける。そして終盤にはPKを獲得して、ディエゴ・オリヴェイラにゴールを“プレゼント”した。結果的に2得点に絡んだ久保建英は文字通り勝利の立役者だった。

 
 松本戦のパフォーマンスについては本人も手応えを掴んでいるようで、「良かったと思います」と力強くコメント。試合を重ねるごとに良くなっているのが、永井とD・リヴェイラとの2トップの連係だ。
 
「誰が見ても分かる特長を持っている選手がチームに何人もいるというのは自分たちにとって大きなアドバンテージだと思います。それを生かさない手はない。永井選手の場合は、サッカーをやってなくてもいいところに行けるんじゃないかというくらい速いので、少しタイミングが遅れてもパスを出そうと考えています」
 
 そういう思考があるからこそ、積極的に2トップにアグレッシブなパスを出すのだろう。この日の久保は流れの中からだけではなく、セットプレーでもいくつか魅せた。前半は太田宏介がCKなどを担当していたが、途中からは久保もキッカーとして存在感を示した。
 
「(キッカーについては)試合前から使い分けたほうがいいという話をしていて、『太田選手が疲れたら自分が蹴ります』という感じでした」
 
 実際、変化をつけたことで松本の守備陣も崩れる場面があったわけで、久保はセットプレーのキッカーとしても十分脅威になっていた。惜しむらくは、右サイドから切り込んで左足で狙ったシュートがポストを叩いた60分のシーンだろう。実際、シュートを外した直後、久保はその場にへたり込んだ。
 
「勝手に入ったと思っていたので、『あ~』という感じでした」
 
 無得点に終わったものの、十分なクオリティを見せつけた久保。本人は満足していないだろうが、そのパフォーマンスは誰よりも輝いていた。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 
【FC東京 2-0 松本 PHOTO】久保がアシスト&PK奪取の活躍、開幕から9戦無敗で首位キープ!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ