【FC東京】松本戦で自らPK獲得も、久保はなぜ蹴らなかったのか

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2019年04月28日

「もちろん蹴りたかった」が…

ホームの松本戦ではPKを獲得するなどして勝利に貢献した久保。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1・9節]FC東京2-0松本/4月28日/味の素スタジアム
 
 この日の久保は前半からエンジン全開。右サイドからのカットインでチャンスを作れば、44分には絶妙なスルーパスから永井の先制弾をお膳立てした。そして60分にエリア内、右サイドからポスト直撃のシュートを放つと、77分には自らPKを獲得したのだった。

 
 「そのまま久保がキッカーを務めるのでは?」と、そんな雰囲気もあったが、キッカーを担ったのはディエゴ・オリヴェイラだった。このシーンを、長谷川健太監督は次のように振り返る。
 
「基本的にキッカーは決まっているので、主導権はディエゴ(・オリヴェイラ)にあった。あとはディエゴの判断だったかと思います。ただ、2点目が入らなければ今日の試合もどうなっていたか分からなかった。PKを取った選手が蹴ると外すことも多いので、東京ではキッカーを決めています。まあ、久保には頑張ってもらいたいです」
 
 では、久保本人の心境はどうだったのか。
 
「もちろん蹴りたかった」と本音を覗かせつつも、「いつもディエゴが蹴っているので」とチームの約束事を優先。個人のプレーよりもチームの勝利にこだわる久保らしいスタンスだった。
 
 この日も今季のJ1初ゴールは奪えなかったが、松本戦のパフォーマンスを見る限り、近いうちに得点は生まれる。試合を経るごとに凄みを増す久保のゴールで味スタが歓喜に包まれるのも時間の問題かもしれない。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【FC東京 2-0 松本 PHOTO】久保がアシスト&PK奪取の活躍、開幕から9戦無敗で首位キープ!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ